あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

お客様支持率アップ法

=================================
人と知り合うキッカケとしては、何かを教えてもらうというのも
有効でしょう。
人は、話し好きと同時に、教え好きでもあります。
教えを請う人は受け入れてもらえるものです。
その為には、何を質問するのかを理解できる程度には
下準備(勉強)しておかなければなりません。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2017_0424.jpg

 今回は、お客様支持率アップの具体的な方法を考えてみましょう。
お客様支持率とは、価格、商品の展示方法(レイアウト等)、
演出(POP、ディスプレー)等で大きな影響を受けます。
これは、逆の見方をすれば、工夫次第ではお客様支持率アップが
はかれるということでもあります。


お客様支持率アップの具体的方法

 お客様支持率アップとは、以下のことを改善していくことで
可能です。

1 欠品しない
2 過剰在庫にしない(商品の鮮度維持)
3 適切な価格
4 商品レイアウト
5 POP、チラシ、パンフ、DM、ポスター等で露出を増やす

1 欠品しない
  説明するまでもないでしょうが、欠品すれば、売るチャンスを
  逃すわけですから、お客様支持率は低下するのは当然です。

2 過剰在庫にしない(商品の鮮度維持)
  お客様支持率の高い商品とは、売れ筋品であるだけに欠品を恐れ
  過剰在庫になりがちです。
  商品とは、生鮮品以外でも鮮度が大事です。少しでもパッケージに
  汚れがあれば、価値が下がると思ってください。
  この為、在庫を抱えることなく、売り切ることを目指して
  発注しましょう。

3 適切な価格
  お客様支持率を下げることのない範囲での、適切な価格を
  探ることが重要です。

4 商品レイアウト
  折込チラシ等で集客しても、なかなか固定客にならないのは
  商品・レイアウトに魅力がない場合が多いものです。
  集客ばかりに気を取られず、商品レイアウトを工夫し魅力的な
  店作りにも心がけましょう。

5 POP、チラシ、パンフ、DM、ポスター等で露出を増やす
  商品は、並べるだけではなかなか売れません。
  どういった商品なのか、どこが良いのか、お店側の心を込めた
  メッセージが大事です。
  いろんな媒体を通して、お店のメッセージを発信しましょう。


頑張って集客しても
お店・商品に魅力がなければ
固定客は増えません。

========================
自社のPRです。
A045.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
スポンサーサイト

来店回数のアップが客数アップにつながる

=================================
元来、人とは話し好きのようです。
相手が、一生懸命聞いてくれたらうれしいものです。
聞き上手になるためには、タイミングよく相槌を打つことです。
タイミングよく相槌を打つには、相手の話をしっかり聞かなければ
なりません。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2017_0423.jpg

既存客の来店回数を増やすこと

 客数を増やすには、内部顧客数アップの他に、既存客の来店回数を
増やすと言う方法があります。
既存客の来店が週1回から週2回に増えれば、実質客数は2倍に
なります。

 もちろん、これもそんなに簡単なことではありません。
必要のないモノは購入しないというのが、現在の消費者の傾向です。
しかし、必要なモノを全て、あなたのお店で購入しているというわけ
ではないでしょう。

 新規客獲得には、かなりの費用がかかりますが、来店回数のアップには
さほど費用はかかりません。
しかも、成果はすぐに現れるはずです。効果が見られない場合でも、
費用があまりかからないのですから、どんどん手法を変更・修正
していくことも可能です。


お客様支持率10%台の商品の充実

 具体的には、どうやって来店回数を増やしていけばいいのでしょうか。
それには、お客様支持率10%以上の商品の充実しかありません。
これにより、確実に来店されるように仕向けます。

 そして、次にお客様支持率1%台の商品を充実するようにします。
これにより、お客様支持率10%の商品目当てに、来店されるお客様は
お客様支持率!%台の商品にも関心が向かいます。
これにより、購入点数の増加や、来店回数の増加が期待できます。

 まずは、お客様支持率10%台の商品と、1%台の商品をはっきり
させることから始めることです。
多くの店が、この点を明らかにしないで、売れ筋品ばかり追いかけたり
していますが、その商品があなたのお店のお客様の支持を得ているのか
検証しようとしません。
これは、お客様を無視しているとしか言えません。
お客様の求める商品は、お客様に聞くことです。


客数アップには
お客様支持率10%台の商品の充実
次に
お客様支持率!%台の商品の充実です

========================
自社のPRです。
A046.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================

どうすれば客数をアップできるのか

=================================
人に助けてもらった場合、「すみません」と言うことが
多いと思います。
これは、時間や手間をかけさせて申し訳ないという感情からでしょう。
しかし、感謝の気持ちをあらわすなら「ありがとう」の
方が良いと思います。
たとえ言葉に出さなくても、感謝の気持ちを持つことが大事です。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2017_0422.jpg

新規顧客獲得は非効率

 客数アップと言えば、折込チラシ、ポイントカード、イベント
等がすぐに頭に浮かぶでしょう。
しかし、これらは結構費用がかかるものです。
しかも、チラシ等の反応率は非常に悪いのが現状です。
ポイントカードは飽和状態ですし、イベントも成功しても
それが、集客アップに繋がりにくくなっています。

 このように、新規客獲得となると非常に費用がかかる割に
効果は今ひとつなのです。
新規顧客獲得とは、資金的に余裕のある時しか実行できません。
経営的に苦しくなってから実行しては、命取りになりかねません。

 しかし、現実はうまくいっている時は、新規顧客獲得には
無関心であり、苦しくなってから始めるというケースが殆どです。
苦しくなってからの客数アップとは、費用のかかる新規顧客獲得
ではなく、内部顧客数のアップをはかるべきです。


目の前の内部顧客数アップを図ろう

 内部顧客数アップとは、来店されたが、購入されなかった
お客様に商品を購入してもらおうということです。
これは、案外見落としがちですが、あまり費用もかからず
効果を見込めます。

 ただ、この購入者比率を計算するのは難しいものです。
購入者数は、レジ通過客数なので簡単にわかりますが、
来店者数は、カウンターでも設置していなければわかりません。
普通のお店では、どうしても推測になります。

 しかし、推測でもいいので、購入者比率を意識することは
重要です。
来店者数は、天候や近隣のイベントにより大きく変化します。
結果、購入者数も外部要因で変化しますが、購入者比率は
外部要因の影響は受けませんので、結果(経過)を見るには
最適なのです。

 購入者比率に注目し、実行した施策の結果(経過)を
観察するようにしましょう。


新規顧客獲得より
まずは、費用のかからない
内部顧客数アップに
力を入れましょう。

========================
自社のPRです。
A045.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================

繁盛店は、買物を楽しみたいという気持ちを大事にする

=================================
駅前には商店街がありますが、それらのお店では、電車の時刻や
乗降客数等を把握しているでしょうか。
お客様がどういう状態なのか知っておくことは重要です。
電車の発車時刻前や、終電の時間が迫っていれば、
急いで対応しなければなりません。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2016_1004.jpg

繁盛店での買物は楽しい

 元来、買物とは楽しいものです。
たしかに、事務的(日常的)な買物で早く済ませたいという買物も
ありますが、それでも、何か楽しさはあるものなのです。
まして、趣味的な個人的な買物となれば、ワクワクするほど楽しい
モノのはずです。

 しかし、楽しかった買物場面というのを思い出せますか。
非常に少ないでしょう。
ところが、イヤな思いをした。と言う経験は何度もあるでしょう。
それほど、買物の楽しさを満喫させてくれるお店が少ないということです。
買物の楽しさを演出することが出来れば、繁盛店になるといえます。

 ただ、買物を楽しんだ経験を思い出せないのは、買物は楽しいのが
当然だからです。少し楽しいだけでは印象に残らないのです。
買物は楽しいものだというのが前提にあるのですから、少しでもイヤな
思いをすれば印象に残るのです。
お店側にすれば、これくらいはと思っていることでも、お客様には
印象深く残ってしまうものなのです。


繁盛店では買物を楽しむ仕掛けを色々工夫する

 このように、お客様は買物をしようと来店された場合、ワクワクとした
気持ち的にはプラスの状態です。
その為、失礼のないように、落ち度のないようにと普通の対応を
しただけでは、マイナスの点数しかつかないのです。
お客様の期待の方が高いのです。

 私が、お店に対して色々アドバイスしても「なぜそこまでするの」という
反応がよくありますが、このことが原因なのです。
少し満足させたくらいでは、普通なのです。
お客様の買物を楽しみたいという、気分をしぼませてはいけないのです。
お客様の気持をもっと膨らませるような演出をしなければなりません。

 ただし、大きな演出をする必要はありません。
大きな演出はインパクトは大きいですが、その分、次回に続きません。
ボディーブロウのような、小さなサービスを積み重ねることです。

 小さなサービスとは、お客様の心に感覚的に残ります。
この感覚は、他の店に行った時に違和感として感じ、居心地が悪いという
印象になります。
結果、お客様は居心地の良いあなたのお店に来ることになります。


お客様は
買物を楽しみたいと
来店されるのです。
その気持を大事にしましょう。

========================
自社のPRです。
A044.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================

繁盛店では買った後も商品のことを気にかけている

=================================
あなたのお店では、閉店後にお客様が来たらどうしますか?
「もう閉店しました」と追い返しますか。
修理依頼なら「とりあえずお預かりして後日連絡します」と言うのが
普通の対応でしょう。
お客様も閉店後だとわかっているので、文句は言わないでしょう。
しかし、閉店後も丁寧に対応すれば感動するのです。
閉店後であっても普通に対応するだけで、感動を呼ぶのです。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2016_1002.jpg

繁盛店では、お客様の欲求を先取りする

 前回お話したような、小さな電気屋さんとは、地域密着型です。
どこかのお宅に製品を納品した場合、近くや周りにもお客様は一杯
いるわけですから、ついでにその家を回ってくることができます。
もちろん、道中にもお客様の家はあるでしょう。

 どの家に寄るか、あらかじめ考えて、そのお客様に必要な消耗品などは
購入リストから当然わかりますから、準備してから出かけます。
わざわざ御用聞きのように出かけるのは大変ですが、ついでに立ち寄って
くるなら、負担も少ないですし、お客様にとっても、電球1個のように
わざわざ来てもらうのは気の毒な注文でも頼みやすいはずです。

 このように工夫をこらせば、いくらでも効率的なサービスは可能な
はずです。やらないのは、やる気がないだけだと言えます。
また、こういった小さなサービスは電気店だけではありません。
住宅のリフォーム会社や家具店でも同様のサービスが考えられます。


繁盛店ではお客様のことを理解している

 お客様の購入したものを覚えておくということは、非常に重要です。
例えば、ファッション関連では、お客様の好みが把握できますし、
前回購入したモノとのコーディネイト等も提案できます。
好みやコーディネイトのアドバイスは、非常にありがたいものです。
一々説明するのは大変なのです。

 お客様の好みを知っていると言うことも、非常に重要です。
始めて入ったお店で、色々勧められて好みと違うということを一々説明
するのは大変です。
店員としては、色々勧めてお客様の好みを知ろうとしているのでしょうが、
お客様としては「なんで、一々断るための説明をしなければ」と
考えるものです。

 好みや購入リストを知っていれば、お客様に対して的確に無駄なく
商品を勧めることができます。
ところが、お店側では、購入後はあまり気にかけないようです。
買ってもらったらそれっきり、というお店がなんと多いことか。
これでは、他の店と同じで、お客様と繋がりのないお店です。
お客様と繋がりができれば、できるだけ切らないようにすることです。


繁盛店では
お客様の購入後も
商品の具合を
気にかけている。

========================
自社のPRです。
A043.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================

FC2Ad