あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

差別化商品のいろいろ4

=================================
ブランドを作るには、自分(製品)のこだわり(能力)と、
お客様を幸せにするということが必要です。
両者の組み合わせで、ブランドが生まれます。
自分のこだわりで作った商品も、お客様を幸せにできなければ
ブランド品にはなりません。
=================================
7/31 1回目

それでは、今回もよろしくお願いします。
2016_0731_1.jpg

8 高い信頼性と耐久性

 長持ちして壊れない製品というのは、コストパフォーマンスが
高いと言えます。メンテナンスの手間がかからないのは大きな
メリットでもあります。
信頼性・耐久性を高めた結果の高価格だという、差別化戦略です。
消費者がその戦略に納得できれば、高価格が可能です。


9 便利さ

 現在の消費者は、時間も価値あるものと考えています。
通常の買物は、手早く済ませたいと考えています。
早く買い物できること、素早く提供できることもサービスです。
ネット販売も時間の節約という面からも、消費者の支持を得ています。
時間を価値と認めた消費者は、時間が節約できることにお金を
払います。

 また、地方の商品や希少性の高い商品は、個人で購入するのは
面倒な面もあります、それらを手軽に購入できるようにすれば、
消費者の支持を得ることができるでしょう。


10 独自の流通チャネル

 通常の流通チャネルを通さず、独自の流通チャネルのみで販売する
という手法です。通販の場合が多いでしょう。
自家での製造販売もこれに当たります。
いずれにしても、生産量が少なく、通常の流通チャネルに乗せられない
ということなのですが、逆にその希少性を武器にマーケティング戦略を
考えることもできるでしょう。


◎ 低価格での差別化

 差別化商品とは、通常製品より高いものが多いのですが、
考えてみれば、低価格化も差別化だと言えます。
ただ、低価格化は他の差別化製品とは、利益や品質への考え方が
全く違うため、マーケティング戦略としては、低価格化は差別化戦略
とは別の分類にしています。
差別化とは、価格以外の要因を重視するという考え方です。


他と同じ商品を作っていては
あなたの会社(お店)を
選ぶ意味がありません。
生き残るには差別化しかありません。

========================
自社のPRです。
A040.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
スポンサーサイト

繁盛店はお客様に幸福感・苦痛からの開放を与える

=================================
新しいアイデアに対して「理解できない」と無視する人がいます。
しかし、理解できることとは、常識の範囲内だからです。
既に使い古されたアイデアなのです。
「理解できない」から新しいアイデアなのです。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2016_0325.jpg

解消・開放型の商品では論理的説明が効果的

 前回では、イメージよりも論理的説明のほうが良いという
商品についておはなししました。
悩みや苦痛からの開放、という商品ですが、
これは、食品関連では少ないのです。

 健康食品や無農薬野菜などが、これにあたりそうですが、
ここでいう、悩みや苦痛からの開放とは、差し迫っている場合です。
今、肩こりで辛いという場面です。
健康食品や無農薬野菜のように、開放(解消)されたか、
よくわからない場合は、論理的説明より、健康に暮らせるという
楽しいイメージを膨らませる方が、販促には効果的です。

 この悩みや苦痛からの開放では、今の時期では、花粉症対策が
典型例でしょう。
色々な関連商品が発売されています。

 論理的に説明する。といっても細かい説明から入ってはいけません。
一言で悩み・苦悩から開放されるんだ、ということを理解させる、
心に響くキャッチコピーを見つけなければなりません。
これは、試行錯誤し探しだすしかありません。
対象商品・ターゲット・お店の立地条件等で条件は違いますので、
あなたのお店にあったキャッチを見つけ出すしかありません。


繁盛店になるには、モノではなく幸福感を与えること

 イメージ型・開放型問わず、現在では、モノに対してお金を
使いません。もちろんモノを買うわけですが、それによって得られる
幸福感に対してお金を払うわけです。

 ですから、モノの説明をくどくどしてもダメなのです。
その商品を購入して得られる、幸福感・開放感を説明しなければ
決して、商品は売れません。

 幸福感という抽象的なメリットは、価格に置き換えることが
できません。ですから価格は関係なくなります。
大きな報復感が得られると期待させれば、多くのお金を払います。
もちろん、幸福感の感じ方には個人差がありますから、
価格を全く無視しても良い、というものでもありません。

 繁盛店とは、このポイントを知っているのです。
繁盛店とは、お客様に幸福感・苦痛からの開放感を与えているから
繁盛店になっているのです。
決してモノ(商品)に頼っているわけではありません。


お客様に対して
幸福感・苦痛からの開放感を与える
また、期待させることが
繁盛店になる条件です。

========================
自社のPRです。
A036.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================

今日は休載します

申し訳ありません。
どうも体調がすぐれないので
今日は休載します。

明日はアップできると思います。

FC2Ad