あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

口コミマーケティングのまとめ5

=================================
誰とでも上手くコミュニケーションが取れて、好かれている人がいます。
しかし、こういう人は斬新なアイデア等を生み出すことは少ない
ものです。無難な道を歩きたがるからです。
独創的な斬新なアイデアは、少し嫌われ者から生まれやすいものです。
少し嫌われている人は、強烈な個性があるから嫌われることもあるのです。
ただし、少し嫌われている程度にしましょう。本当に嫌われていては
協力者も生まれませんから。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2017_0816.jpg

口コミを支援する広告

 口コミには必ずしも、広告が必要なわけではありません。
しかし、口コミとはゆっくりと伝わるものです。
拡散する前に、情報が陳腐化する恐れがあります。
口コミを加速するような広告のあり方をまとめて見ましょう。

広告が製品のユニークさを話す手助けをしているか?
 広告では、製品の優秀性を強調するだけではいけません。
伝えなければならないことは、製品のユニークさです。
それを、他人に伝えやすいように、伝えたくなるように
表現しなければなりません。

広告を口コミの種まきとして利用しているか?
 広告は、一気に大量に種まきが可能なアイテムです。
売ることだけでなく、情報拡散の為の種まきのアイテムとして
利用すべきです。

証言型広告の場合、信頼性を考えているか?
 証言型広告は、信頼されて始めて成り立ちます。
信頼性を高める工夫をしているか、検討しましょう。

お客様を支援するような広告か?
 売込み型の広告でなく、口コミ支援の広告の場合は、
特に、お客様の立場での情報発信を心がけましょう。

口コミのヒントになるようなフレーズがあるか
 一言で表現できるキャッチ的なフレーズがあれば、他人に話しやすく
なります。
製品の特徴を一言で言いあらわせる、フレーズを工夫しましょう。

広告が口コミの邪魔をしないか
 広告は、うまく利用しなければ、口コミの邪魔をすることがあります。
口コミ状況を観察し、広告の有用性を検討しましょう。


広告をうまく利用すれば
口コミを手助けできます。
広告をうまく利用して
口コミを加速しましょう。

========================
自社のPRです。
A045.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
スポンサーサイト

口コミマーケティングのまとめ4-2

=================================
うまく行っていない時は、優しい言葉を掛けてほしいものです。
しかし、その時の優しい言葉とはあなたを思ってでない場合が多いのです。
本当にあなたのことを考えてくれているなら、アドバイスをするでしょう。
うまく行っていない時のアドバイスとは、厳しいものになるものです。
うまく行っていない時の厳しいアドバイスこそ、大事なのです。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2017_0815.jpg

口コミを広めるための手法-2

簡単な「友達に渡そう」媒体を作る
 友達への情報発信を手助けするような「友達に渡そう」媒体を作る
ことです。
具体的には、割引券や無料招待券などです。

製品が人から見られる工夫をする
 製品は展示するだけではダメです。目をひきつける様な工夫が
必要です。

お客様同士が話をするように
 商品展示などを工夫し、お客様同士での会話が生まれるように
工夫しましょう。
ネットワークでも、訪問者同士で対話できるように工夫することが
必要です。
お客様同士の会話こそが、口コミの始まりなのです。

使うほど有用さがわかる仕組みがあるか
 お客様は広告(宣伝文句)で口コミを広めることはありません。
自分にとって得になるから、得になると感じるから口コミを広めるのです。
製品には、使いはじめの驚きと同時に、使い続けてたくなる魅力が
なければなりません。
また、それを伝える仕組みも考えておきましょう。

製品をギフト用にできるか
 自分が使うと同時に、贈答品として活用できるなら、口コミを広める
手助けになります。
ギフト用も視野に入れておきましょう。

紹介者への報酬プランを作る
 紹介者への感謝は必要です。感謝されればうれしいものです。
しかし、高価な報酬であってはいけません。あくまでも善意による
紹介だと感じさせることです。
製品のキャラクターグッズや関連商品などで良いのです。
できれば、希少性があれば、なお良いでしょう。

関連するネットワークは全て調べる
 ネットワークは、利用する、しないにかかわらず、絶対に無視しては
いけません。口コミに関連しそうなネットワークは全て調べるように
しましょう。


口コミでは
手助けすることも
必要です。

========================
自社のPRです。
A046.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================

口コミマーケティングのまとめ4-1

=================================
「なんで……」とよく言う人がいます。
一見、好奇心が旺盛のように感じますが、本当はグチを言っている
だけということが多いものです。
「どうしたら……」という風に、解決策を考えるような思考にすべきです。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2017_0814.jpg

口コミを広めるための手法-1

口コミを広める為には、積極的に行動しなければなりません。
具体的に行動すべきポイントをまとめて見ましょう。

種まきの計画を立てる
 メガ発信者・通常の発信者・ネットでの発信者への種まきの計画を
しっかり立てる必要があります。
種まきが全ての始まりなのです。

希少性を出しているか?
 限定商品や限定販売など、希少性の高いものは口コミになりやすい
ものです。希少性を情報として流すことも重要です。
口コミが広がるまでは、あえて入手を難しくしておくのも一手です。

人々を驚かす工夫はあるか?
 予想外のことがあれば、口コミになります。

型破りなことができるか?
 上記と同じで、驚きが口コミになるのです。

舞台裏を見せる
 ありきたりの製品であっても、舞台裏(製造工程)を見せることで
驚きや興味が生まれることもあります。
素人には、舞台裏は新鮮なものなのです。

ヒーローを作る
 製品だけでなく、開発者(製造者)を個人的なヒーローに仕立てる
ことで、斬新な製品に生まれ変わります。

イベントを開催する
 販促だけでなく、情報発信の為のイベントを開催することが重要です。


口コミマーケティングでの
アプローチはいろいろあります。
出来る限り数多く実践すべきです。

========================
自社のPRです。
A045.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================

口コミマーケティングのまとめ3

=================================
提案書などを書く場合、資料(データ)集めから始める人がいます。
資料集めよりも、まず自分の書きたいこと(提案したいこと)から
書き始めましょう。
資料(データ)集めは、その後で良いのです。
その方が、必要な資料(データ)集めだけで済みます。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2017_0813.jpg

 今回は前回の続きとして、ネットワークに絞って考慮しなければ
ならないポイントをまとめて見ましょう。


ネットワークとどう付き合うか

 あなたが、ネットワークで情報発信するかどうかに関係なく、
絶対にネットワークは無視するわけにはいきません。
ネットワークをどう活用するかを、まとめて見ましょう。

情報発信元を識別する
 まずは、情報発信者を見つけ出すことです。
メガ発信者がいれば、同時に見つけ出すようにしましょう。
ネットワークでの観察・活用はここから始まると言えます。

情報発信者の傾向を探る
 情報発信者がどういった人か探るようにしましょう。
過去の発信情報などから、ライフスタイルを推測します。
これにより、同じようなライフスタイルの人は、次の情報発信者に
なってくれる可能性があります。
これにより、情報提供すべき人を見つけることができます。

情報の拡散経路(経過)を観察しよう
 情報がどういった人に拡散しているか、経過を観察しましょう。
これにより、核となる人や、ターゲットとすべき人が絞り込まれます。

情報発信者に必要な情報を提供する
 情報発信者へ情報発信の後押しするように、新たな情報を
提供するようにしましょう。
製品などを提供して、使用感などを新たに発信してもらうのも
良いでしょう。

情報発信者とのコミュニケーションを考える
 情報発信者と積極的にコミュニケーションを取れるように
工夫しましょう。
いろんな質問や要望に答える(応える)など、積極的に対応しましょう。


ネットワークでは
情報発信者を識別することが
重要です。
これによりターゲットにすべき
お客様が明確になります。

========================
自社のPRです。
A046.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================

口コミマーケティングのまとめ2

=================================
コミュニケーションをスムーズに行うには、相手が話していない
事(部分)を想像することが重要です。
相手がまだ話していないこと、これから話そうとすることを
想像することで、話の腰を折ることもなくなり、活発な会話が
進むようになります。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2017_0812.jpg

 前回は口コミを起こす前段階でのチェックポイントをお話しました。
今回は実際のアプローチでのポイントを、まとめて見ましょう。


正しいアプローチ法

誠実に行動しているか?
 口コミとは発信者の手を離れれば、一人歩きしてしまいます。
発信者が誠実・正直に行動していなければ、思わぬ方向へ情報が
湾曲する恐れがあります。
長期的な活動を視野に入れるなら、発信元の誠実さは絶対必要です。

ネットワークを常に観察しているか?
 ネットワークに情報を流さない場合でも、情報はネットへ流れて
いくものです。
ネットでは、通常の口コミよりも、高速・大量に情報の交換が行われて
います。
ネットには情報を流していないからと、ネットを無視していては
大変なことになりかねません。
ネットでの間違った情報は、早期に修正するようにしなければなりません。
ネットとは、時間との勝負です。常に観察しておく必要があります。

ネットワークでの拡散に協力できるか?
 通常の口コミでは、ゆっくりとしか伝わりません。
やはり、ネットワークは視野にいれておかなければなりません。
ネットで情報の拡散を確認した場合は、積極的に協力できるように
しましょう。
ネットを毛嫌いしていては、口コミマーケティングはうまくいかない
と考えるべきです。


ネットワークの発達により
口コミのアプローチ法も
大きく変わっています。
ネットワークを活用することが
重要です。

========================
自社のPRです。
A045.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================

FC2Ad