あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

買わない症候群 1

sozai01.jpg

集客・広告アドバイザーのサカウエです。
今回もよろしく御願いします。
========================
※チラシ又はニュースレター無料作成キャンペーン!
 下記に「チラシ無料作成希望」とメールするだけ
 ⇒ qqgb3h5y9@diary.ocn.ne.jp
 毎月5点(1社1点限り)限定
 11月分は終了しました。12月分予約受付中!

========================

 今まではいろいろ調べて、チラシで比較したりして
商品を決めれば、購入へ進むのが普通でした。
現在では、商品を型番まで決めているのに、一向に購入しようと
しない、そんな人達だ増えているらしいのです。

 性能などを検討し自分の希望にある商品を一生懸命に探し、
決定する。しかし、買い物の決心がつかない。
もちろん、お金がないわけではない、性能に不満がある訳でもない、
買い物が楽しくないのです。

 最近はウィンドーショッピングなどという言葉も廃れてしまいました。
今の人は買い物は義務であり、楽しいものとは捉えていません。

 この原因としては、やはりモノ余り現象が影響していると
思われます。欲しいものはだいたい持っている。
だから、後は、買い替え需要が中心です。
買い替えでは済まないような、画期的な新製品はなかなか
出現しません。

 あなたが最近買ったものを考えて見てください。
少しデザインが違う雑貨、味が違うお菓子、機能が追加された
家電製品等々、あなたの持っていたものと対して変わらないでしょう。

 以前は、全然違うという本当に画期的なモノが一杯あったのです。
だから、代えがきかないので購入する以外なかった。
しかし、今は代えがきく、なにも今買わなくても良い、となります。
これでは、メーカーは困るので「買って」とTVCM等を
じゃんじゃん流します。結果、物欲がどんどん綯えてきたのです。

 あなたも経験があると思うのですが、例えば車が欲しいと
なると、カタログを集め検討する。この時が一番楽しいものです。
これが、インターネットにより、簡単にできるようになりました
ショールームに行かなくても、カタログはどんどん手に入ります。

 従来、商品は手に入れないと、どんなものか分からなかったものです。
どのような機能なのか、性能なのか分からなかったのです。
だが、今では、使った感想までインターネットで手に入ります。
これにより買う前に疑似体験してしまうのです。
そして商品に対する興味は失せてしまいます。

 このような消費者に対してお店はどうすればいいのか。
「物欲」はいくら刺激しても、効き目はありません。
あとは「買い物の楽しさ」を提供するしかないのです。

========================
※チラシ又はニュースレター無料作成キャンペーン!
 下記に「チラシ無料作成希望」とメールするだけ
 ⇒ qqgb3h5y9@diary.ocn.ne.jp
========================

まぐまぐより「無料メルマガ」を発行しています
============================
ニュースレターを利益に繋げる。そんな方法満載!
 【「ニュースレターで売上を伸ばす方法」】
 ■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0000283750.html
小さな店だからできる利益倍増のアイデア満載!
 【小さい店だからできる「1年で利益を2倍にする法」】
 ■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001608992.html
チラシは費用が掛かるもの、失敗しないための情報満載!
 【こうすれば良い!「新規顧客獲得のチラシ作成術」】
 ■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001611362.html
============================
スポンサーサイト

提案型売場とは 3

sozai01.jpg

集客・広告アドバイザーのサカウエです。
今回もよろしく御願いします。
========================
※チラシ又はニュースレター無料作成キャンペーン!
 下記に「チラシ無料作成希望」とメールするだけ
 ⇒ qqgb3h5y9@diary.ocn.ne.jp
 毎月5点(1社1点限り)限定
 11月分は終了しました。12月分予約受付中!

========================

 VPでは、漠然としたイメージを訴えること、
客を引きつけることが中心でしたが、PPはまさに
売込みに相当する展示です。
PPでは徹底的に商品を説明をします。

 服飾店でいえば、店頭ショーウインドーがVPにあたり
商品棚上や横のトルソーやマネキンにその商品棚の
服をコーディネイトして展示してあるのがPPです。

 お客様はPPの商品を見て、触れて商品購入を決める
訳です。ですからPPが商品購入に関しては最も重要です。
PPでお客様にアピールしなければ購入されることは
ありません。

 服飾等ではあまりPOP等を使う必要はありませんが、
他の商品では、しっかり説明しなければ理解されない
場合があります。
PPはまさに営業トークと同じです。お客様が疑問に
思うこと、聞きたいだろうことは、要領よく全て説明
するようにしましょう。

 IPは単品の陳列です。PPで購入を決めたお客様が
サイズ等を選びやすいように、分類や整頓は確実に
やっておきましょう。
IPではPPで購入を決めたお客様が、選びやすくしなければ
なりません。PPで紹介した商品のバリエーションを
展示するようにし、他の商品は展示しないようにしましょう。

 IPは直接お客様の触れる場所です。こまめに整頓し
品切れのチェックをしましょう。
IPでの品切れは致命傷です。PPで売り込んでいるだけに
ショックは大きいのです。
どうしても品切れになった場合は、必ず次の入荷日を
明示しておきます。こだわりのある商品であれば
お客様は待って下さいます。しかし、表示がないと
他店で同じ様なものを購入されてしまいます。
あなたにいくらこだわりがあるといっても、似たような
商品は一杯あります。

 最後にVP、PP、IPは総合的に捉え、バラバラに
ならないよう注意しましょう。

========================
※チラシ又はニュースレター無料作成キャンペーン!
 下記に「チラシ無料作成希望」とメールするだけ
 ⇒ qqgb3h5y9@diary.ocn.ne.jp
========================

まぐまぐより「無料メルマガ」を発行しています
============================
ニュースレターを利益に繋げる。そんな方法満載!
 【「ニュースレターで売上を伸ばす方法」】
 ■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0000283750.html
小さな店だからできる利益倍増のアイデア満載!
 【小さい店だからできる「1年で利益を2倍にする法」】
 ■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001608992.html
チラシは費用が掛かるもの、失敗しないための情報満載!
 【こうすれば良い!「新規顧客獲得のチラシ作成術」】
 ■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001611362.html
============================

提案型売場とは 2

sozai01.jpg

集客・広告アドバイザーのサカウエです。
今回もよろしく御願いします。
========================
※チラシ又はニュースレター無料作成キャンペーン!
 下記に「チラシ無料作成希望」とメールするだけ
 ⇒ qqgb3h5y9@diary.ocn.ne.jp
 毎月5点(1社1点限り)限定
 11月分は終了しました。12月分予約受付中!

========================

 提案型売場には3つの要素があります。
VP(Visual Presentation)
PP(Point of sales Presentation)
IP(Item Presentation)です。

 VP=店やコーナーのコンセプトを提示するものです
   メインディスプレーであり、お店やコーナーの顔と
   なります。
 PP=コーナーの代表的な商品を抜き出し展示するものです。
   VPが概論を説明・提案するのに比べ、PPはより個別の
   商品の説明になります。
 IP=いわゆる従来の商品棚のようなもので、商品を陳列し
   お客様に買って頂く場です。

 当然VP,PP、IPは別々に存在するものではありません。
相互に関連づけ、一連のストーリー性を持たせます。
VPで客を引きつけ、PPで商品の説明をし、IPで売る
という流れを作ります。

 VPはメッセージを伝えるものです。あなたのこだわりを
伝える最善の展示を模索しましょう。ただ、出来る限り
ビジュアルで訴えるようにしましょう。
細かい説明はPPにまかせ、VPではイメージを伝えるという
ことが大事です。

 VPは、お店の顔、お客様を引きつける顔になりますから
インパクトのあるディスプレーで、お店のメインの位置に
設置しましょう。
ただし、キレイに設置するだけではなく、あくまでも
メッセージの発信だということを忘れないでください。

 演出や小物を使用する場合も最小限にとどめ、
シンプルにしかも商品を中心にするようにディスプレー
してください。
あくまでも商品が中心であることを忘れないでください。

========================
※チラシ又はニュースレター無料作成キャンペーン!
 下記に「チラシ無料作成希望」とメールするだけ
 ⇒ qqgb3h5y9@diary.ocn.ne.jp
========================

まぐまぐより「無料メルマガ」を発行しています
============================
ニュースレターを利益に繋げる。そんな方法満載!
 【「ニュースレターで売上を伸ばす方法」】
 ■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0000283750.html
小さな店だからできる利益倍増のアイデア満載!
 【小さい店だからできる「1年で利益を2倍にする法」】
 ■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001608992.html
チラシは費用が掛かるもの、失敗しないための情報満載!
 【こうすれば良い!「新規顧客獲得のチラシ作成術」】
 ■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001611362.html
============================

提案型売場とは 1

sozai01.jpg

集客・広告アドバイザーのサカウエです。
今回もよろしく御願いします。
========================
※チラシ又はニュースレター無料作成キャンペーン!
 下記に「チラシ無料作成希望」とメールするだけ
 ⇒ qqgb3h5y9@diary.ocn.ne.jp
 毎月5点(1社1点限り)限定
 11月分は終了しました。12月分予約受付中!

========================

 今までの売場づくりは、いかに商品を効率よく
展示するかだけを考え来ました。
しかし、この商品展示型の売場では、商品は売れなくなりました。

 スーパーの生鮮品売場でも、今日の献立等の提案をして
関連商品を売ろうとしています。進んだ所は料理を一品仕上げ
その材料を一気に売ろうとしています。
これも提案型売場です。

 一般的売場では、商品が点の状態であるだけでした。
それに比べ、提案型売場では、売場全体を面として捉え
提案毎に売場を区分していきます。そこに商品を並べる
という風に、提案することが中心になります。

 こだわりの商品を扱う場合は、この提案型売場に
しなければなりません。
一般型売場では、あなたのこだわりは伝わりません。
一人一人お客様に説明して回らなければなりませんが
そんなことは不可能ですし、逆にお客様に嫌がられます。

 ディスプレーとPOPでお客様に理解していただくように
しなければなりません。
これは、見た目の綺麗さではなく、あなたのこだわりを
正確に伝える売場づくりをしなければならないということです。

 場当たり的に実行するのでなく、計画的に販売計画
と連携させた売場づくりをしましょう。
どの商品を何個売るのか、しっかり目標を定め、
そのための売場作りを考え、実行しましょう。

 ただ、売上げが増えたと喜ぶのでなく、この商品を
何個売ると言う風に、こちらで計画した通りに
売れるようにしなければなりません。

 計画外の商品が売れて売上げが増えても、それは
偶然でしかありません。
もちろん、なぜ、その商品が売れたのかの検証は
しなければなりませんし、それが活かせるのであれば
活用すべきです。
こちらが計画した通りに売る、売れるとなれば、
後は、他の商品でも同じように実行すれば、計画通りに
売れるはずです。
販売を偶然ではなく、必然しなければなりません。

========================
※チラシ又はニュースレター無料作成キャンペーン!
 下記に「チラシ無料作成希望」とメールするだけ
 ⇒ qqgb3h5y9@diary.ocn.ne.jp
========================

まぐまぐより「無料メルマガ」を発行しています
============================
ニュースレターを利益に繋げる。そんな方法満載!
 【「ニュースレターで売上を伸ばす方法」】
 ■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0000283750.html
小さな店だからできる利益倍増のアイデア満載!
 【小さい店だからできる「1年で利益を2倍にする法」】
 ■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001608992.html
チラシは費用が掛かるもの、失敗しないための情報満載!
 【こうすれば良い!「新規顧客獲得のチラシ作成術」】
 ■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001611362.html
============================

お客様は立ち止まって購入する

sozai01.jpg

集客・広告アドバイザーのサカウエです。
今回もよろしく御願いします。
========================
※チラシ又はニュースレター無料作成キャンペーン!
 下記に「チラシ無料作成希望」とメールするだけ
 ⇒ qqgb3h5y9@diary.ocn.ne.jp
 毎月5点(1社1点限り)限定
 11月分は終了しました。12月分予約受付中!

========================

 お客様は歩きながら商品を購入されることは
ありません。そんな器用な人はいないと思います。

 お客様の購買行動は、立ち止まる→商品を手に取る→
比較・検討する→購入する。という流れです。
まず、立ち止まらせなければなりません。
定番商品は一定の法則・リズムで商品を展示しようと
言いました。これは非常に見やすくするためです。

 一定の法則・リズムでの商品展示は見やすいのですが
抵抗がありません。目が止まる所がないのです。
定番商品以外のこだわりの商品などは、お客様を
まず立ち止まらせなければなりません。
一定法則・リズムの展示で、一ヶ所変えるのです。
それにより、違和感がでます。安心感のある一定の目の
動きから、その箇所では目が止まります。

 人間は、違和感・不安感を感じれば、その原因を
追求しようと思うものです。結果、目はそこで止まり
立ち止まることになります。
そういう所を何ヶ所も作るのです。
立ち止まって欲しいところに、違和感を感じる仕掛けを
つくるのです。

 ただ、これも限度があります。きれいに並んでいる所に
数カ所違う箇所があるから目立つのです。
これが逆になれば、バラバラな統一感のない展示になります。
ポイント、ポイントで立ち止まるような仕掛けをつくりましょう。

 店内レイアウトとは、総合的に捉えなくてはなりません。
お客様の動線を考え、どこで立ち止まられるか、そこには
どんな商品を置くか、どんなPOPを配置するか、
メインディスプレーとの関連性はと考え、そして商品を展示
していかなければなりません。

 商品を並べてスペースが余ったから、ディスプレーでも
飾ろうかではだめです。
お客様をあなたの意図した通りに動かすように、
店をレイアウトしましょう。
これは、簡単なことではありませんが、意図して実行しないと
お店はよくなりません。

========================
※チラシ又はニュースレター無料作成キャンペーン!
 下記に「チラシ無料作成希望」とメールするだけ
 ⇒ qqgb3h5y9@diary.ocn.ne.jp
========================

まぐまぐより「無料メルマガ」を発行しています
============================
ニュースレターを利益に繋げる。そんな方法満載!
 【「ニュースレターで売上を伸ばす方法」】
 ■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0000283750.html
小さな店だからできる利益倍増のアイデア満載!
 【小さい店だからできる「1年で利益を2倍にする法」】
 ■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001608992.html
チラシは費用が掛かるもの、失敗しないための情報満載!
 【こうすれば良い!「新規顧客獲得のチラシ作成術」】
 ■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001611362.html
============================

あなたは何で勝負するのですか

sozai01.jpg

集客・広告アドバイザーのサカウエです。
今回もよろしく御願いします。
========================
※チラシ又はニュースレター無料作成キャンペーン!
 下記に「チラシ無料作成希望」とメールするだけ
 ⇒ qqgb3h5y9@diary.ocn.ne.jp
 毎月5点(1社1点限り)限定
 11月分は終了しました。12月分予約受付中!

========================

 目的のある買い物の場合、商品を展示しておくだけで
売れます。商品が分かりやすく展示されていれば
それを見つけたお客様が購入されます。
また。物不足の時代でもそうでした、お客様は
次に来た時にはないかもしれないので、取り敢えず
購入しておくか、と購入されたのです。

 今も、商品を展示して置くだけで売れると
多くの商店主は思っています。
ただ、展示しておくだけで売れる商品は、俗にいう
定番商品です。どこでも売っている商品です。
これは、価格競争が激しいのです。
少しでも、高ければお客様は購入されません。

「売上げが減った」「お客様が減った」と歎いている
商店は、定番商品を展示しているだけの商売なのです。
お店は倉庫ではないのです。商品を並べるだけでは
だめです。そして、安売りといってもどんなに
頑張っても他店と同じ価格までです。
以前にも言いましたが、特に定番商品では1円でも
安くしなければだめです。
1円でも安いお店に全員いってしまいます。

 やることが中途半端なのです。
他店と同じ価格で、何故勝てると思うのでしょう。
価格以外に勝てる要素があるなら、それで勝負すべきで
価格で勝負すべきではありません。
価格でも、サービスでも他店と同じ。これでどうして
お客様が来てくれると思うのでしょう。

 お客様は、お店に対して行く価値がなければ
来店されません。
あなたのお店は何で勝負するのか、はっきり決めるべきです。
売れないからと、値下げしたり、お客様が少ないからと
チラシを打ったり、場当たり的すぎます。

 あなたは何で勝負するのか、はっきり決めましょう。
そこに一点集中しましょう。
小さなお店では、お金もスタッフもいません。
色んなことに手を出す余裕はないはずです。

========================
※チラシ又はニュースレター無料作成キャンペーン!
 下記に「チラシ無料作成希望」とメールするだけ
 ⇒ qqgb3h5y9@diary.ocn.ne.jp
========================

まぐまぐより「無料メルマガ」を発行しています
============================
ニュースレターを利益に繋げる。そんな方法満載!
 【「ニュースレターで売上を伸ばす方法」】
 ■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0000283750.html
小さな店だからできる利益倍増のアイデア満載!
 【小さい店だからできる「1年で利益を2倍にする法」】
 ■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001608992.html
チラシは費用が掛かるもの、失敗しないための情報満載!
 【こうすれば良い!「新規顧客獲得のチラシ作成術」】
 ■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001611362.html
============================

売れない理由はパッケージだ

sozai01.jpg

集客・広告アドバイザーのサカウエです。
今回もよろしく御願いします。
========================
※チラシ又はニュースレター無料作成キャンペーン!
 下記に「チラシ無料作成希望」とメールするだけ
 ⇒ qqgb3h5y9@diary.ocn.ne.jp
 毎月5点(1社1点限り)限定
 11月分は終了しました。12月分予約受付中!

========================

 お客様の行動を見ていると不思議なことがあります。
商品を手に取り、パッケージを一生懸命読んでいる。
しかし、その商品を購入せず、元の棚に戻し、出て行ってしまう。

 悩んだ末に今日でもなくてもいいかと購入しなかったのか。
金額が高すぎたのか。どうも違うようです。
そのお客様に聞いてみたところ、
商品の詳細が分からなかったのです。

「パッケージに書いてあるだろ」
「店員に声を掛けてくれれば説明するのに」
お店側としては、こういいたくなるでしょう。

 お客様は買うと決めていないと、店員には声を掛けずらい
ものです。説明を聞いた後で断るのは、気まずいなと考え、
なかなか声を掛けてくれません。
お客様のそういう態度を見て、こちらから声を掛けるように
しなければなりませんが、常に対応できるとは限りません。

 また、パッケージには、重要なポイントだけしか
書かれていません。
詳細は細かい字で、しかも専門用語や数字だけ。
確かに、メーカーやお店の人にとっては理解できるので
しょうが、お客様は素人です。それで全てがわかるわけ
ではありません。

 しかも、特徴といっても、良い事ばかり書いてあります。
そのまま信用してもいいものか不安です。
お客様の知りたいことは、自分の希望に添っているかです。
寸法だって、数字だとあまりピンときません。

 出来る限り、実物を出して展示し、触れることが
できるようにしたいものです。
しかし、それだけでは、効果や使用法などはわかりません。
POP等ではっきり説明しましょう。
お店の人にとっては当たり前のことでも、お客様は
知らないことは多いものです。そして、納得しないと
今の消費者購入してくれません。
「とりあえず買っておくか」等という購入態度は
とりません。

 お客様に購入していただくには、納得してもらうことです。
それも、店員が説明しなくてもです。

========================
※チラシ又はニュースレター無料作成キャンペーン!
 下記に「チラシ無料作成希望」とメールするだけ
 ⇒ qqgb3h5y9@diary.ocn.ne.jp
========================

まぐまぐより「無料メルマガ」を発行しています
============================
ニュースレターを利益に繋げる。そんな方法満載!
 【「ニュースレターで売上を伸ばす方法」】
 ■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0000283750.html
小さな店だからできる利益倍増のアイデア満載!
 【小さい店だからできる「1年で利益を2倍にする法」】
 ■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001608992.html
チラシは費用が掛かるもの、失敗しないための情報満載!
 【こうすれば良い!「新規顧客獲得のチラシ作成術」】
 ■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001611362.html
============================

お客様の購買動向による商品陳列 2

sozai01.jpg

集客・広告アドバイザーのサカウエです。
今回もよろしく御願いします。
========================
※チラシ又はニュースレター無料作成キャンペーン!
 下記に「チラシ無料作成希望」とメールするだけ
 ⇒ qqgb3h5y9@diary.ocn.ne.jp
 毎月5点(1社1点限り)限定
 11月分は終了しました。12月分予約受付中!

========================

 購入目的が決まっていない来店の場合というのは
あなたの店独自の商品やこだわりの商品を
多く扱っている場合がこれにあたります。
この場合は、快適にゆっくり買い物ができるような
商品陳列にしましょう。

1 じっくり選べる。店員と会話をしながら選べる環境が
  必要です。商品展示もゆったり目にした方がいいでしょう。

2 商品を説明するPOPなどを多用し、商品それぞれの
  独自性を伝えるようにしましょう。

3 提案型の陳列する。
  絞り込んだ商品をディスプレーやPOPで
  くわしく説明するようする。

 購入目的が決まっている場合とそうでない場合、
両者のお客様を満足させることはできません。
どちらかに絞る必要があります。

 定番商品は概ね利益も少なく、他店との価格競争に
なりがちです。しかし、全面的に切ってしまう訳には
いきません。定番商品はフロントエンド商品として
集客の重要アイテムになります。

 そこで、定番商品は数多く扱わず、数点に絞り込みましょう。
絞り込んだ数点を一ヶ所で多量展示し、売りまくりましょう。
絞り込んだ分、スペースはそんなに必要ありません。
そのスペースだけ、短時間購入のスペースにしましょう。

 他の部分は、こだわりの商品を展示するようにし、
2分割するのです。
定番コーナーへ行くには、こだわりコーナーを通過
するように客動線を工夫すれば、お客様は必然的に
こだわりコーナーの商品にも目がいきます。

 小さな店では、こだわり商品をメインにしなければ
他店には勝てません。
他店とは違う商品で勝負をかければ勝てます。

========================
※チラシ又はニュースレター無料作成キャンペーン!
 下記に「チラシ無料作成希望」とメールするだけ
 ⇒ qqgb3h5y9@diary.ocn.ne.jp
========================

まぐまぐより「無料メルマガ」を発行しています
============================
ニュースレターを利益に繋げる。そんな方法満載!
 【「ニュースレターで売上を伸ばす方法」】
 ■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0000283750.html
小さな店だからできる利益倍増のアイデア満載!
 【小さい店だからできる「1年で利益を2倍にする法」】
 ■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001608992.html
チラシは費用が掛かるもの、失敗しないための情報満載!
 【こうすれば良い!「新規顧客獲得のチラシ作成術」】
 ■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001611362.html
============================

お客様の購買動向による商品陳列 1

sozai01.jpg

集客・広告アドバイザーのサカウエです。
今回もよろしく御願いします。
========================
※チラシ又はニュースレター無料作成キャンペーン!
 下記に「チラシ無料作成希望」とメールするだけ
 ⇒ qqgb3h5y9@diary.ocn.ne.jp
 毎月5点(1社1点限り)限定
 11月分は終了しました。12月分予約受付中!

========================

 お客様に購入目的がある場合と、購入目的がなく
偶然来店されたような場合では売場、特に商品陳列は
異なります。

 購入目的が決まっている場合は、短時間で購入
できるような工夫が必要です。
購入頻度が高く、日常的ないわゆる定番商品が
この購入目的が決まっている場合に当ります。
こういう商品を中心に扱っている場合は
商品陳列も短時間で購入できるように工夫しましょう。

1 商品が見つけやすい
  これは絶対条件です。お客様はすぐに見つけられないと
  すぐに出て行かれる可能性が高いです。他の店でも
  扱っているこういう商品の場合は、店員に聞くということも
  少ないです。

2 ボリューム感を出し、比較・検討がすぐに
  できるようにする。
  ボリューム感がないと売れ残り感で出ます。
  特に定番商品では生鮮食品でなくても新鮮さが必要です。
  
3 一定のリズム・法則で展示すると見やすくなります。
  一定の法則がないと非常に見づらい展示になります。
  一定のリズムがあればスムーズに商品を見ることができます。

4 フェイス(正面)をきっちり見せるように展示する。
  これも当然です。フェイスが見えなければ、
  展示していないのと同然です。

5 分類は大きく括る。
  小さく分類した方が分かりやすいと考えますが、
  小さく括ると関連商品が見つけにくくなります。
  関連商品もついで買いを誘うようにしましょう。

========================
※チラシ又はニュースレター無料作成キャンペーン!
 下記に「チラシ無料作成希望」とメールするだけ
 ⇒ qqgb3h5y9@diary.ocn.ne.jp
========================

まぐまぐより「無料メルマガ」を発行しています
============================
ニュースレターを利益に繋げる。そんな方法満載!
 【「ニュースレターで売上を伸ばす方法」】
 ■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0000283750.html
小さな店だからできる利益倍増のアイデア満載!
 【小さい店だからできる「1年で利益を2倍にする法」】
 ■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001608992.html
チラシは費用が掛かるもの、失敗しないための情報満載!
 【こうすれば良い!「新規顧客獲得のチラシ作成術」】
 ■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001611362.html
============================

デッドスペースの効率化

sozai01.jpg

集客・広告アドバイザーのサカウエです。
今回もよろしく御願いします。
========================
※チラシ又はニュースレター無料作成キャンペーン!
 下記に「チラシ無料作成希望」とメールするだけ
 ⇒ qqgb3h5y9@diary.ocn.ne.jp
 毎月5点(1社1点限り)限定
 11月分は終了しました。12月分予約受付中!

========================

 デッドスペースは、風溜まりの場所以外にも
いろいろあります。

○見づらい場所
 柱のウラ、大きな物のウラ、物のカゲ等
○什器の関係で中途半端に開いた空間
○長すぎる什器の中間の場所
 (これは出来るだけ分割して間に通路を作った方が良い)
他にもあるかもわかりませんが、大体こんな所でしょう。

 これらのデッドスペースをそのままにしていては
デッドスペースというだけでなく、店の印象にも影響
してきます。
繁盛店では、デッドスペースは極めて少ないのです。
デッドスペースになりそうな場所は、通常の商品スペースより
工夫をこらしてください。

 元々、デッドスペースです。思いっきり遊んでみるもの
いいと思います。

 とにかく目立たせる、通常では目立たないのが
デッドスペースです。かなり思いきったことをやって
丁度いいくらいです。
情報提供が一番いいと思いますが、遊び心を持って
活用方法を考えてください。

 通常はデッドスペースではありませんが、
小さな店では、什器エンドも通行のじゃまになって
ディスプレーやワゴンなどを配置できずに
デッドスペースになっている場合があります。

 什器エンドはアピールに絶好の場所です。
そこにメーカー支給のポスターを貼っているのを
見かけます。メーカーとの義理で貼っているのなら
仕方ないですが、穴埋めのようにそんな物を貼るのは
止めましょう。あなたはメーカーの宣伝をする義務なんて
ありません。

 メーカーのポスターの変わりに、あなたの店の
情報を発信しましょう。POP・ポスターなどの
薄い物ならさほど通行に影響しません。

========================
※チラシ又はニュースレター無料作成キャンペーン!
 下記に「チラシ無料作成希望」とメールするだけ
 ⇒ qqgb3h5y9@diary.ocn.ne.jp
========================

まぐまぐより「無料メルマガ」を発行しています
============================
ニュースレターを利益に繋げる。そんな方法満載!
 【「ニュースレターで売上を伸ばす方法」】
 ■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0000283750.html
小さな店だからできる利益倍増のアイデア満載!
 【小さい店だからできる「1年で利益を2倍にする法」】
 ■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001608992.html
チラシは費用が掛かるもの、失敗しないための情報満載!
 【こうすれば良い!「新規顧客獲得のチラシ作成術」】
 ■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001611362.html
============================

FC2Ad