あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

商品の中身を説明しよう

仕事ののろい人はよくいるものです。
あなたは良かれと思っても手伝ってはいけません。
誰かが手伝うと、それが癖になり、
自分で工夫しようとしなくなります。
段取りのやりかたや、仕事の進め方を指導すべきです。

========================
自社のPRです。
A019.jpg

本年度の販促計画を立てるチャンス
無料メール相談をご利用ください。

詳細は下記ブログ記事をご覧ください。
 無料チラシ作成・無料メール相談に関しては ⇒無料相談のご案内
 メール相談コースや業務内容に関しては ⇒業務内容・価格表
 当社の会社概要全般に関しては ⇒ 会社案内・お問い合わせ

========================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2015_0331.jpg

見えない部分を見せること

 商品説明などで重要なポイントとしては、見えない部分
や見えていても、理解されにくい部分を説明することです。
現在、商品の値段はローエンドからハイエンドまで
大きな開きがあります。

 見た目が同じであれば、安い商品を手に取るのが普通でしょう。
外国産では、少し考慮するかもわかりませんが、国産なら
性能的に問題のないレベルにあるのが現状です。

 目に見えない部分、中身・素材・構造等は、説明がなければ
全くわかりませんし、職人のこだわりも、この目に見えない部分
に多く存在します。
また、目に見える部分でも、例えば、工具等の握りの部分を
工夫しても、何故こういう形状なのかの説明がなければ
全く理解されないでしょう。


結果よりも「何故」の部分を強調

 ところが、売り手側は売りたい為に、この説明部分を省いて
結果ばかり強調しがちです。しかし、お客様はそんな宣伝文句は
聞き飽きています。
「何故」という部分を知ることで、納得もするし、信用もするのです。

 また、理由を知ることで、その商品を作った技術者・職人の
こだわりに触れて感動する訳です。
食品でも同じでしょう。「日本一旨い」といっても「何故」の
部分がないと全く信用されません。
「何故」の部分をしっかり伝えることが、お客様の信用を勝ち取る
上で、重要なことだといえます。

 使ってもらえれば、食べてもらえればわかると、言われるかも
わかりませんが、その前段階で選択されなければ、
購入されることはありません。
自信があるのならなおさら、しっかり理解してもらえるよう
説明しなければなりません。
お客様にとっては、あなたの商品のことなど知らなくても
なんら問題はないのですから。


「何故」の説明もビジュアルに

 ただ、前回もお話しした様に、こういった説明を文章で
やってしまうケースが多いのですが、お客様はその説明部分に
行くまでに、次のチラシに目がいってしまいます。

 何度も言っていますが、お客様はチラシを読まないのが普通です。
いくら魅力的な情報を載せても、読んでもらわなければ、意味がありません。
ただ、チラシに載せればいいというのでなく、見てわかるように
工夫するようにしなければなりません。

 見て、興味を持ってもらえれば、細かい文章も読んでくれます。
ですから、決して細かい文章を載せるな、と言っている訳ではありません。
そこまで、誘導する手段・方法を工夫しましょう。ということです。

商品の中身を明らかにし
他の商品との違いを示しましょう。
あなたのこだわりを
お客様と共有できれば信用度は上がります。

========================
自社のPRです。
A020.jpg

詳細は下記ブログ記事をご覧ください。
 無料チラシ作成・無料メール相談に関しては ⇒無料相談のご案内
 メール相談コースや業務内容に関しては ⇒業務内容・価格表
 当社の会社概要全般に関しては ⇒ 会社案内・お問い合わせ
========================
============================
まぐまぐで発行の「無料メルマガ」を全面見直しました。
ブログで書いている事を、より詳しく説明しています。
ぜひ、申し込んでください。

タイトル「あなたのお店が繁盛店に変身する方法」
■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001627577.html
============================
スポンサーサイト

チラシは視覚化がポイント

組織の中には「別に出世なんて気にしない」
という人がいます。
確かにあまりにも出世にこだわるのもどうかと
思いますが、多くの場合、出世を諦めた時点で
成長も諦め、止まってしまいます。
会社がこういう社員を必要とするでしょうか。

========================
自社のPRです。
A019.jpg

本年度の販促計画を立てるチャンス
無料メール相談をご利用ください。

詳細は下記ブログ記事をご覧ください。
 無料チラシ作成・無料メール相談に関しては ⇒無料相談のご案内
 メール相談コースや業務内容に関しては ⇒業務内容・価格表
 当社の会社概要全般に関しては ⇒ 会社案内・お問い合わせ

========================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2015_0330.jpg

チラシは読まれないもの

 お客様にとってチラシは読むものでなく、見るものだと
考えていると解釈すべきです。
確かに、興味のあるチラシは、じっくり読むでしょうが、
そこに行くまでに、色々とクリアしなければなりません。

 読むべきチラシを選択するということは、前段階では
見ているだけということです。
一目見て、お客様を引き付けなければなりませんし、
全体を見渡しときに、おおよその内容を理解させるように
しなければなりません。


単なるイメージだけの写真はイラナイ

 チラシにおいて、写真やイラストが有効だというのは
このことがあります。
ただ、写真が有効だというので、イメージ写真を大きく載せている
チラシをよく見かけますが、単なるイメージ写真であれば
載せない方がいいでしょう。

 そのイメージ写真が、的確に商品のイメージを伝えるもので
ある必要があります。ただキレイな写真では意味がありません。

 写真はイメージを伝えるには最適だと言えますが、
説明には不向きだと言えます。
説明には、説明部分がはっきり示せるイラストの方がいいでしょう。


読まなくてもわかるチラシにする

 このように、チラシでは、写真やイラストを見ただけで
言いたいことをある程度伝えることが必要です。
チラシは、キャッチ・写真・イラストで捨てるかどうか
判断されると考えていいでしょう。

 説明文等に一生懸命頭をひねるより、まず、キャッチ・写真・イラスト
に全力を注ぎましょう。
チラシを手にとって、読んでもらえる段階まで、行かないことには
一生懸命考えた説明文も活かされません。


説明も視覚化する記号(アイコン)

 しかし、説明部分も視覚化する方法があります。
記号化(アイコン化)することです。
家電のエアコンやパソコンでの、性能表示でよく見かけます。

 記号化(アイコン化)も数を絞るべきです。
数が多過ぎては、視覚化の範囲から外れていきます。
多くの経営者は、説明文でもそうですが、できるだけ情報を
多く載せたいと考えます。

 あの情報を載せなかった為に、売れ行きが悪いのでは、と
後悔しない為に、全て載せてしまおうと考えがちです。
しかし、これはあなたの勉強不足だと言えます。


情報は徹底的に絞り込む

 この商品が他の商品より優れているのは、どの部分なのか、
お客様の求めている機能とは、どんな機能なのか、
探る努力をしなければなりません。
上記のことが、わかっていれば、チラシに載せる部分は
はっきりするはずです。

 全て載せて、その中から、お客様のニーズに合った機能を
探しもらおう、という考えではいけません。
他の商品とは違う特徴的な部分を、経営者はしっかり把握し
それをチラシに載せるようにしましょう。

 視覚化(アイコン化)でも同じで、記号が一杯並んでいては
見にくくなるだけです。
エアコンの例で言えば、能力(有効な部屋の大きさ)、お掃除機能
等の特殊機能が必要な記号でしょう。

 お客様が、写真・値段・記号と見ただけで、理解できるように
工夫すべきです。

当るチラシのポイントは
視覚化すること
見ただけでわかるチラシを
目指しましょう。

========================
自社のPRです。
A020.jpg

詳細は下記ブログ記事をご覧ください。
 無料チラシ作成・無料メール相談に関しては ⇒無料相談のご案内
 メール相談コースや業務内容に関しては ⇒業務内容・価格表
 当社の会社概要全般に関しては ⇒ 会社案内・お問い合わせ
========================
============================
まぐまぐで発行の「無料メルマガ」を全面見直しました。
ブログで書いている事を、より詳しく説明しています。
ぜひ、申し込んでください。

タイトル「あなたのお店が繁盛店に変身する方法」
■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001627577.html
============================

商品説明のないチラシ

上司や同僚もお客様の一種だと考えよう。
お客様なら、多少のわがままも許せます。
また、お客様に喜んでもらうのと同様
上司や同僚にも喜んでもらう為の
気配り、心配りも当然考えなければなりません。

========================
自社のPRです。
A019.jpg

本年度の販促計画を立てるチャンス
無料メール相談をご利用ください。

詳細は下記ブログ記事をご覧ください。
 無料チラシ作成・無料メール相談に関しては ⇒無料相談のご案内
 メール相談コースや業務内容に関しては ⇒業務内容・価格表
 当社の会社概要全般に関しては ⇒ 会社案内・お問い合わせ

========================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2015_0329.jpg

お店側の説明ではダメ

 安売りをメインにしないお店では、チラシにおいて商品価値
言葉を変えれば、使用価値(使用ポイント)を明確に説明しなければ
なりません。これはお店での説明でも同じです。

 多くの方は「それはやっている」と言われますが、
それは、店側としての説明であり、プロとしての説明です。
言い方を変えれば、売りたい為の説明です。
これは説明ではなく、売込みです。
こういう説明では、お客様が逃げ出すのは当然です。


お客様の立場に立った説明を

 では、どうすればいいのか。
答えは簡単です。お客様の立場に立てば良いのです。
その商品を使用する場面を想定し、使用する価値を説明するのです。

 この説明の場合、当然ですが、お客様側に立つ訳ですから、
プロの言葉は使ってはいけません。あくまでも素人の言葉で
説明しなければなりません。
これくらいわかっているだろうと考えてはいけません。
小学生に説明するような気持で説明すべきです。

 もちろん、中には、プロ顔負けの知識を持っている方もいます。
その場合は、レベルをあわせてもいいのですが、
知識はあっても、実際には実感していない場合や
勘違いしている場合がよくあります。
この場合、レベルを完全にあわせてしまいますと、お客様に
恥をかかせることになりかねません。
あくまでも、お客様よりレベルは下にし、お客様に教えて
もらうつもりで接した方が無難です。


チラシでの説明は簡潔に一言で

 また、チラシではだらだら説明するのはよくありません。
お客様はチラシは読まない。チラシは見るものだ。
という感覚で作成する必要があります。
せいぜい20字以内で説明できるように工夫しましょう。
この場合、俳句の5・7・5の感じで作るのがよいでしょう。
文章の調子もよく、お客様の頭に素直に入ってきます。

 商品の特徴はいろいろあるでしょうが、20字以内に納めるためにも
訴えるポイントは、1つに絞りましょう。お客様の求めているであろう
ポイントを探り出す必要があります。
これは、お店の接客での感触等で掴んでいくようにしましょう。


チラシでは、売込みではない
お客様の立場に立った
商品説明をしっかりやろう
説明のない商品は売れません。

========================
自社のPRです。
A020.jpg

詳細は下記ブログ記事をご覧ください。
 無料チラシ作成・無料メール相談に関しては ⇒無料相談のご案内
 メール相談コースや業務内容に関しては ⇒業務内容・価格表
 当社の会社概要全般に関しては ⇒ 会社案内・お問い合わせ
========================
============================
まぐまぐで発行の「無料メルマガ」を全面見直しました。
ブログで書いている事を、より詳しく説明しています。
ぜひ、申し込んでください。

タイトル「あなたのお店が繁盛店に変身する方法」
■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001627577.html
============================

安さを演出することも大事

時間を生み出すには、あまり集団で行動しないことです。
集団で行動すれば、一番遅い人にペースを合わせなければなりません。
遅刻してきた人に合わせて、行動を開始しなければなりません。
待っている時間はまったくムダです。行動中も同じです。
付き合いに支障がないかぎり、単独で行動しましょう。

========================
自社のPRです。
A019.jpg

本年度の販促計画を立てるチャンス
無料メール相談をご利用ください。

詳細は下記ブログ記事をご覧ください。
 無料チラシ作成・無料メール相談に関しては ⇒無料相談のご案内
 メール相談コースや業務内容に関しては ⇒業務内容・価格表
 当社の会社概要全般に関しては ⇒ 会社案内・お問い合わせ

========================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2015_0328.jpg

限定数をはっきり明示する

 前回では、チラシには目玉商品・集客商品が必要だとお話ししましたが、
目玉商品・集客商品となると、どうしても安売りがメインとなります。
しかし、安売りする場合、理由をはっきり示す必要があります。
安売りがメインの店であれば、あまり必要ないでしょうが、
通常の店では、理由を示さなければ、普段はかなり利益を取っているのか
と勘違いされ、印象が悪くなる場合があります。

 安売りの理由としては、
まとめ買い・セット販売などの大量購入による値引きや
在庫一掃や商品入れ替えなどの、在庫処分による値引き、
型落ち商品や展示商品等の訳あり商品の値引き
タイムセール等の特別限定による値引き
などが考えられます。

 しかし、ここで必要なことは、限定数量を明記しておくことです。
お客様とは、かなり身勝手なところがあります。
何個限りと書いていないので、遅く行ってもあるだろうと
勝手に解釈します。

 といっても、商品は無限にある訳ではありませんから、
売り切れは生じます。
売り切れだから仕方ないだろうと、お客様を突き放せば、
印象が悪くなるのは当然です。
その点からも、数量限定ははっきりと明示しておくのが礼儀でしょう。


安さとは印象で変わる

 安さというのは、かなり曖昧な面もあります。
こだわりのある商品や、耐久消費財で購入間隔が長く、かつ高額商品
であれば、お客様もしっかりと価格を調べてから来店されるでしょうが、
ついで買いや気軽に購入できる低価格の商品では、他店の価格等
正確に知っている人は少ないものです。

 では、どうすれば安いと感じるようになるのでしょうか。
それは、安さを感じさせる言葉に影響されます。
スーパーでの2割引シール等が典型でしょう。
事実、2割りは安いのですが、それが他店と比較した場合、
どの程度安いかは、あまり検討しません。

 チラシ等でも、価格の前につける形容詞により、安さを感じる
ということがあります。
「20年前の価格に挑戦!」
「早い者勝ち」
「ズバリ!1万円均一」等と、
価格の前に付ける形容詞により、安さを演出することができます。

 ほんのちょっとしたことですが、結果は大きく違います。
このような小さなことで手を抜いてはいけません。
手を抜いて、チラシの反応がないとぼやくのは間違いです。

安売りは
理由をはっきりさせることと
安くする努力と同時に
安く感じさせる努力も必要です。

========================
自社のPRです。
A020.jpg

詳細は下記ブログ記事をご覧ください。
 無料チラシ作成・無料メール相談に関しては ⇒無料相談のご案内
 メール相談コースや業務内容に関しては ⇒業務内容・価格表
 当社の会社概要全般に関しては ⇒ 会社案内・お問い合わせ
========================
============================
まぐまぐで発行の「無料メルマガ」を全面見直しました。
ブログで書いている事を、より詳しく説明しています。
ぜひ、申し込んでください。

タイトル「あなたのお店が繁盛店に変身する方法」
■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001627577.html
============================

シーズン商品はおおいに売り込め

楽しい仕事なんてありません。納期に追われ、責任も伴います。
仕事とは辛いものなのです。
しかし、生き生きと楽しそうに仕事をしている人がいるのも事実です。
彼らは、楽しくなるように工夫をしているのです。

========================
自社のPRです。
A019.jpg

本年度の販促計画を立てるチャンス
無料メール相談をご利用ください。

詳細は下記ブログ記事をご覧ください。
 無料チラシ作成・無料メール相談に関しては ⇒無料相談のご案内
 メール相談コースや業務内容に関しては ⇒業務内容・価格表
 当社の会社概要全般に関しては ⇒ 会社案内・お問い合わせ

========================
昨日は記事をアップできなかったので
今日、2つ目の記事アップです。

それでは、今回もよろしくお願いします。
2015_0327.jpg


シーズン商品でお店を活性化

 チラシでは、季節性を出したものは有効です。
シーズン商品は需要が短期間に集中します。
タイミングがズレると全く効果のない変わりに、
タイミングが合えば、売上アップに繋がりますし、集客もアップし
お店にも活気が出ます。

 繁盛店は、シーズン商品を上手く利用しています。
シーズン商品とは、3ヶ月が有効期間です。
もちろん、広告期間は実際の季節より、
半月から1ヶ月前倒しになります。
3ヶ月に販促活動を集中することで、お店を活性化することが
できます。だらだらと販促活動を実行するより、
短期に集中することで効果も期待できます。


具体的なチラシ作りとは

1 シーズン商品を1番目立たせる
 当然のことですが、売上・集客に結びつく重要な商品ですので
チラシでは1番目立つ場所・処理をしなければなりません。

2 シーズン商品の単品チラシを
 単品チラシと言っても、1品だけという意味ではありません。
シーズン商品群だけで、チラシを組むということです。
欲張って、色んなモノを掲載しようとしがちですが、
情報が多いと、それだけ焦点がぼけます。
焦点を集中することが重要です。
多くのチラシが失敗するのは、情報が多すぎることです。
情報は少なめの方が、効果はあります。
現在のお客様は、チラシなどじっくり読んでくれません。
読むのでなく、見ただけで情報を伝えられる程度にしましょう。

3 早めに売りつくす
 ファッション関係等では、この傾向が強いものです。
季節半ばで売りつくしセールは常識となっています。
早期は展示数を多くし、季節性をアピールします。
チラシも品揃え型のチラシを打ちます。
その後は、アイテムを売れ筋品に絞っていきます。
後半では、数量限定等で値引き販売中心にしましょう。
シーズン商品の欠点は、売れ残りが出ることです。
一般商品と違い、売れ残りは不良在庫になります。
仕入れも売りつくすことを考えて行いましょう。


四季の動きはお客様にも影響します。
シーズン商品を前面に出し
お店の変化・動きを出すようにしましょう。

========================
自社のPRです。
A020.jpg

詳細は下記ブログ記事をご覧ください。
 無料チラシ作成・無料メール相談に関しては ⇒無料相談のご案内
 メール相談コースや業務内容に関しては ⇒業務内容・価格表
 当社の会社概要全般に関しては ⇒ 会社案内・お問い合わせ
========================
============================
まぐまぐで発行の「無料メルマガ」を全面見直しました。
ブログで書いている事を、より詳しく説明しています。
ぜひ、申し込んでください。

タイトル「あなたのお店が繁盛店に変身する方法」
■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001627577.html
============================

チラシに低価格集客商品は必要

仕事を効率的にこなそうと、いろいろ勉強したり、
考えたりする人がいますが、
まず、量をこなすことです。そこから効率化のアイデアや
手抜きできる箇所・方法がわかるのです。
最初に効率化を考える人は、サボる方法を考えているのでは。

========================
自社のPRです。
A019.jpg

本年度の販促計画を立てるチャンス
無料メール相談をご利用ください。

詳細は下記ブログ記事をご覧ください。
 無料チラシ作成・無料メール相談に関しては ⇒無料相談のご案内
 メール相談コースや業務内容に関しては ⇒業務内容・価格表
 当社の会社概要全般に関しては ⇒ 会社案内・お問い合わせ

========================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2015_0326.jpg

チラシの目的は集客

 チラシの目的は集客です。販売ではありません。
もちろん、売れた方が良いですが、チラシではあまり売込み臭を
出すのは良くないでしょう。

 集客を目的としたチラシでは、どうしても集客商品が必要です。
普通は、安売り商品になります。


通常チラシに掲載する商品は

1 集客商品
 割引率が大きく比較的低価格な商品群で、集客の主力になる

2 イメージ商品
 サブ商品的なモノで、こういう商品も取り扱っているという程度
に掲載するもので、絞り込むことが必要ですが、変わった商品があれば
是非、掲載しておきたいものです。

3 主力商品
 当然、売りたいメインの商品ですから掲載するのは当たり前です。
主力商品群をいかに目立たせ、お客様に興味・関心を持ってもらうかが
チラシのポイントといえます。

4 高粗利商品
 いわゆる、儲かる商品です。ただ、集客効果が薄いですから
掲載しなくてもいいのですが、主力商品と関連している場合は
掲載しておくのもいいでしょう。


来店を促す集客商品

 という商品群ですが、専門店の多くは、主力商品の説明を重視し
他の商品を全く載せない場合があります。
お客様のニーズは色々です。お店側からあまり絞り込まない方が
賢明だといえます。

 特に集客商品は、お客様が主力商品に興味を持った時に
来店を促すキッカケになります。
例えば、寝具店では、主力は布団であり、素材や製造方法等への
こだわりをチラシで説明するのですが、やはり、いきなり布団の
販売は難しいものです。


来店されなければお客様にならない

 そこで、たとえば、低価格のマクラであるとか、シーツのような
比較的低価格な商品を集客商品として、チラシに掲載して
興味を持ったお客様に来店していただくことを狙いとします。

 お客様も来店して、いきなり布団の売込みをされては困ります。
シーツであれば、余分にあってもいいので、シーツを見に行くついでに
お店も、他の商品も見てみようとなることが狙いです。

 ですから、集客商品は、ついで買いしやすい商品で、比較的低価格の
商品がよいでしょう。いくら割引率が高くても、高額商品では
集客は悪くなるでしょうし、集客したお客様の多くは、安値に
釣られたお客様です。こういうお客様は既存客になることは少ないので
値段だけに釣られるお客様を集めることはよくありません。


チラシの目的は集客です。
集客商品を工夫して
来店を促すようにしましょう。

========================
自社のPRです。
A020.jpg

詳細は下記ブログ記事をご覧ください。
 無料チラシ作成・無料メール相談に関しては ⇒無料相談のご案内
 メール相談コースや業務内容に関しては ⇒業務内容・価格表
 当社の会社概要全般に関しては ⇒ 会社案内・お問い合わせ
========================
============================
まぐまぐで発行の「無料メルマガ」を全面見直しました。
ブログで書いている事を、より詳しく説明しています。
ぜひ、申し込んでください。

タイトル「あなたのお店が繁盛店に変身する方法」
■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001627577.html
============================

チラシ商品の定番化

面接時や入社時にやたら「やる気」や「能力」を
強調する人がいますが、これが本音(本心)だろうか。
人は「フリ」をするものです。
特に面接時は本音(本心)を見抜く必要があります。
あまりに強調する人は、疑ってみるべきかも。

========================
自社のPRです。
A019.jpg

本年度の販促計画を立てるチャンス
無料メール相談をご利用ください。

詳細は下記ブログ記事をご覧ください。
 無料チラシ作成・無料メール相談に関しては ⇒無料相談のご案内
 メール相談コースや業務内容に関しては ⇒業務内容・価格表
 当社の会社概要全般に関しては ⇒ 会社案内・お問い合わせ

========================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2015_0325.jpg

 今回から数回にわたり、チラシについてお話しします。


マンネリ化と定番化

 チラシにどういった商品を載せるのかは、非常に悩む所です。
扱い商品が多い場合は、毎回バリエーションを変えることも
できるでしょうが、扱い商品が少ない場合や、製造販売等のように
売りたい商品が偏っている場合は、毎回同じ商品になりがちです。

 しかし、毎回同じ商品では、マンネリ化して飽きられるのでは、
と考えがちですが、デザインや見せ方、切り込み方を変えることで
マンネリ化は避けられます。

 むしろ、私は同じ商品、近い商品を常に載せることで、
「定番化」を図るべきだと考えます。
マンネリ化と定番化の違いは非常に難しいのですが、
売り手側の意欲の問題が大きいでしょう。


お店を象徴する商品に育てる

 売り手側がどうしても売りたい。自信を持って勧められる、
そういう商品であるから、何回も説明の仕方を変えたりして
お客様に理解してもらいたいという思いが、同じ商品を
何度もチラシに載せるということになります。

 お客様に理解され、この商品はあのお店という風に認識される
ようになるまで、繰り返すというのも一つの方法だといえます。
これが「定番化」だといえます。

 ただ、定番化する商品としては、季節商品や、流行の激しい
商品は時期が限定されるので、避けるべきでしょう。
チラシを出す周期にもよりますが、3ヶ月(3回以上)は
同じ商品を載せ続けるようにしましょう。


見せ方・見栄えを変えてマンネリ化は防ぐ

 もちろん、毎回同じデザインでは、飽きられます。
○レイアウトを変える
○紙面の縦横方向を使い分ける
○タイトルを変える
○メイン商品以外の商品を数点入れ、それを毎回変える
○色遣いを変える
 など、見せ方を変えて、目先に変化を付けましょう。

 また、商品説明を変えることも大事です。
お客様に理解してもらうためには、1回だけではダメです。
色んな角度からの攻め方を工夫して、説明するようにしましょう。
説明の回数=お客様の理解度と考えてください。
ただし、同じ説明では「またか」ということで素通りします。
説明の仕方・切り口は毎回変えるようにしましょう。

チラシには、同じ商品を何度も載せよう。
但し、マンネリ化しないよう工夫をして
その商品が「お店の顔」になるまで
繰り返しましょう。

========================
自社のPRです。
A020.jpg

詳細は下記ブログ記事をご覧ください。
 無料チラシ作成・無料メール相談に関しては ⇒無料相談のご案内
 メール相談コースや業務内容に関しては ⇒業務内容・価格表
 当社の会社概要全般に関しては ⇒ 会社案内・お問い合わせ
========================
============================
まぐまぐで発行の「無料メルマガ」を全面見直しました。
ブログで書いている事を、より詳しく説明しています。
ぜひ、申し込んでください。

タイトル「あなたのお店が繁盛店に変身する方法」
■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001627577.html
============================

勝ち残る為の4つのヒント

雑用を嫌がる人がいます。
自分はもっとやりがいのある仕事がしたいと言います。
しかし、雑用すらまともに出来ない人に、重要な仕事を
まかせる上司はいません。
雑用とはいえ、工夫をこらし、的確にこなす人は
あっという間に、重要な仕事に就いていきます。

========================
自社のPRです。
A019.jpg

本年度の販促計画を立てるチャンス
無料メール相談をご利用ください。

詳細は下記ブログ記事をご覧ください。
 無料チラシ作成・無料メール相談に関しては ⇒無料相談のご案内
 メール相談コースや業務内容に関しては ⇒業務内容・価格表
 当社の会社概要全般に関しては ⇒ 会社案内・お問い合わせ

========================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2015_0324.jpg

 消費者のライフスタイルは変わり、人によって商品価値に対する
考え方が違うため、安いだけでは売れなくなった現在、
消費者に支持され、勝ち残る為に考えておかなければならないことを
いくつかあげてみましょう。


1 ライフステージの変わり目を狙う

 だいぶ以前になりますが、ライフステージのお話をしたことがあります。
ライフステージは、大きく分けると以下の5つに分かれます。
○若年独身者
○子供のいない夫婦
○子供のいる若い夫婦
○社会の中心となる中年者
○子供の巣立った高齢者

 各ライフステージが変わることにより、最も大切にしたいモノ、
中心になる支出が大きく変化します。
もっとも分かりやす例では、子供の誕生でしょう。
子供が生まれることにより、生活や支出は子供中心に変化します。
そのため、その他は手頃な品質で安い商品を求めるようになります。

 また、子供が巣立った後では、子供中心から、一気に夫婦・個人
中心の消費に変わります。
こうした、変わり目に生まれる、潜在的なニーズに対応するために、
消費者の悩みやニーズを理解し商品・サービスを提供すべきです。


2 安くても、こだわりを作る

 自分自身のライフスタイルを重視する、最近の消費者には
安いだけでない、プラスαの価値が必要です。
ただ、従来はこだわりというと、商品のスペックや品質だけに
重点を置いていました。しかし、現在の商品ではスペック的に
不満な商品は非常に少なくなりました。

 むしろ、感情面でのこだわりに重点をおくべきです。
同じデザインのものを大量に作ることで、コストを下げるのでなく、
いろんなパターンのものを作る。ただ、共通部分を上手く残し
コストも出来る限り下げるようにしなければなりません。


3 選ぶことの楽しみも残す

 お客様に選びやすくする為に、キレイに分類し、陳列するというのが
一般的ですが、ライフスタイル別にまとめた陳列をするなど、
カテゴリーを越えて、むしろ雑多に扱うことで、新しい発見をするという
お店に行くことが楽しくなる、選ぶことが楽しくなるような演出も
必要でしょう。

 最近の100円ショップ等がこういう店作りをしています。
非常にカラフルで、見ているだけで楽しくなるような陳列です。
やはり、買い物は楽しくなくてはいけません。


4 信頼できるブランドであること

 特に、ローエンド商品につきまとうのが、粗悪品です。
少なくなったとはいえ、やはり存在します。
このブランドを選べば間違いないという、信頼感を作ることは
非常に重要でしょう。

 安い事だけを前面に出すのでなく、安心である、信頼できる
という面もアピールする必要もあります。

 そして、安い理由というのもはっきりさせておくことも大事です。
理由がはっきりしている場合は、お客様も納得します。
それで良いというお客様から支持されることになります。

以上の4つのポイントをクリアし、
コストダウンもする。
そのうえ、お客様のニーズを探る。
簡単なことではありません。
しかし、成し遂げた所が勝ち残るのです。

========================
自社のPRです。
A020.jpg

詳細は下記ブログ記事をご覧ください。
 無料チラシ作成・無料メール相談に関しては ⇒無料相談のご案内
 メール相談コースや業務内容に関しては ⇒業務内容・価格表
 当社の会社概要全般に関しては ⇒ 会社案内・お問い合わせ
========================
============================
まぐまぐで発行の「無料メルマガ」を全面見直しました。
ブログで書いている事を、より詳しく説明しています。
ぜひ、申し込んでください。

タイトル「あなたのお店が繁盛店に変身する方法」
■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001627577.html
============================

お客様を納得させる何かを持つこと

多くの人は、準備中で終わってしまいます。
「独立準備中」です「経営変革の準備中」です。
いつまでも「準備中」です。
準備不足は失敗の素ですが、本番のない「準備中」では
失敗もないかわりに、決して成功もありません。

========================
自社のPRです。
A019.jpg

本年度の販促計画を立てるチャンス
無料メール相談をご利用ください。

詳細は下記ブログ記事をご覧ください。
 無料チラシ作成・無料メール相談に関しては ⇒無料相談のご案内
 メール相談コースや業務内容に関しては ⇒業務内容・価格表
 当社の会社概要全般に関しては ⇒ 会社案内・お問い合わせ
========================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2015_0323.jpg

ライフスタイルの変化が二極化を加速

 消費者の二極化、これは消費者一人の中で起っていることであり、
従来のような、富裕層と低所得層との二極化ではありません。
「自分を大切にする」「独自のライフスタイルを大切にする」
といった欲求がハイエンド商品に向っています。

 ハイエンド商品を購入する為に、他の商品はローエンド商品で
済ませるということです。
しかし、そこには悲壮感も不満も存在しません。
むしろ、そういう買い物を楽しんでいる傾向にあります。


全ての買い物がライフスタイルに起因する

 ローエンド商品の購入にも、
「自分を大切にする」「独自のライフスタイルを大切にする」
という考えは生きています。
ただ、安いというだけでは購入しません。
自分の価値観に合わなければ、決して購入しません。

 ですから、一つの商品を購入する場合に、多くの時間を
費やすということもしばしば起ります。
しかも、そのプロセスを楽しんでいるのです。

 ひとつ例をあげれば、ビールがあります。
現在、伸びているクラスは「第三のビール」と「プレミアムビール」
です。中間のミドルクラスのビールはシェア的に減少傾向にあります。
特別の時に「プレミアムビール」を楽しむが、普段は「第三のビール」で
済ませるのです。
こういうライフスタイルを楽しんでいるのです。


価格だけでない何かを持つこと

 ハイエンド商品、ミドルクラス商品、ローエンド商品全てにおいて
価格を超えた何かを感じさせる商品・サービスでなければ
現在の消費者を納得させることはできないと言えます。

 ハイエンド商品、ミドルクラス商品、ローエンド商品の区別とは
単に価格だけの差ではありません。
消費者を納得させる為の結果として、ハイエンドになったり、
ローエンドになったりするのです。

 もちろん、そこには消費者個人の価値観の違いが存在します。
その商品に対して、高い商品価値を求める人はハイエンド商品に
向いますし、低い商品価値でも良い人はローエンド商品に向います。
中途半端なミドル商品では「独自のライフスタイル」を見出せないと
考えているようです。


ネット社会が二極化を加速する

 ネット世界の進歩は、消費傾向にも大きな影響を与えています。
「欲しかったモノを出来るだけ安く」「必需品は底値で」といった
願望を、リアルの世界より効果的・効率的に実現することを可能に
しています。

 ますます、消費者は賢くなるでしょう。安いだけの商品や、
少し安くしただけの商品では、全く勝負にならないでしょう。
常に安くする努力をすると同時に、商品価値を高める努力が
必要です。しかもこれは、全クラス共通に言えることです。

 決して、ハイエンド商品に、価格競走がないわけでは
ありません。価格は商品価値を決める大きな要素であることは
まちがいありません。

価格を下げることは必須ですが、
価格以外に何かを持っているかで
勝負は決まります。

========================
自社のPRです。
A020.jpg

詳細は下記ブログ記事をご覧ください。
 無料チラシ作成・無料メール相談に関しては ⇒無料相談のご案内
 メール相談コースや業務内容に関しては ⇒業務内容・価格表
 当社の会社概要全般に関しては ⇒ 会社案内・お問い合わせ
========================
============================
まぐまぐで発行の「無料メルマガ」を全面見直しました。
ブログで書いている事を、より詳しく説明しています。
ぜひ、申し込んでください。

タイトル「あなたのお店が繁盛店に変身する方法」
■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001627577.html
============================

完全に変化した消費者に応える

他人から認められる前に
自分自身を認めるようにしましょう。
自信過剰はいけませんが、
自分を否定するのはもっと不幸です。

========================
自社のPRです。
A019.jpg

本年度の販促計画を立てるチャンス
無料メール相談をご利用ください。

詳細は下記ブログ記事をご覧ください。
 無料チラシ作成・無料メール相談に関しては ⇒無料相談のご案内
 メール相談コースや業務内容に関しては ⇒業務内容・価格表
 当社の会社概要全般に関しては ⇒ 会社案内・お問い合わせ

========================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2015_0322.jpg

中間所得層は非常に賢い

 消費者の二極化は既成事実です。しかも既にかなり進んでいます。
早急に方向性を決定してスタートしなければなりません。
ローエンド商品が伸びているのは、唯たんに不景気の所為では
ありません。消費者の考え方が、ライフスタイルが変わったのです。
もう、元に戻ることはありません。

 消費者の中心である、中間所得層は、非常に賢いと言えます。
あらゆる情報を集め、一つ一つ慎重に検討します。
様々な競合商品の長所・短所を比較し、ネットでの口コミまでも
集めます。

 購入後は、買った商品の値打ちをしっかり評価します。
もちろん、それらは他人にも話しますし、ネットに揚げることも
あるでしょう。


値打ちのある商品を安く購入する

 中間所得層は、富裕層に比べて商品の選択幅は狭いかも
わかりませんが、商品に対する取り組みは素晴らしいものです。
中間所得層は、お金を大切にし、毎月そう変化のない給料の中で
生活しているのです。

 それだけに、中間所得層の買い物は、慎重であり、秩序立てて
購入計画を立てます。モノへの執着は少ないので、バカな買い方は
決してしません。
また、特価品だけを求めているのでもありません。値打ちのあるモノを
安く購入したいだけです。


消費者の為に従来の考えは捨てる

 中間所得層は、充分幸せだと感じていますし、値打ちのあるモノを
安く購入することを楽しんでいる所もあります。
宝探しの感覚なのでしょう。

 前記したように、消費者の大半は中間所得層です。
中間所得層のニーズを満たすことは、ビジネスにおいては
最も重要ですし、また見返りも大きいものです。

 中間所得層の消費者に重要なモノ、必要なモノを提供する
ことは当然の事です。
その為にも、ハイエンド商品やローエンド商品にも目を向け、
本当に消費者が求めているモノを、開発・販売する必要があります。


消費者の買い物動向は
ハイエンド・ミドルクラス・ローエンド
全く区別なく、値打ちのあるモノを購入する
という形に完全に変化しました。
取り残されているのはメーカーや販売店です。

========================
自社のPRです。
A020.jpg

詳細は下記ブログ記事をご覧ください。
 無料チラシ作成・無料メール相談に関しては ⇒無料相談のご案内
 メール相談コースや業務内容に関しては ⇒業務内容・価格表
 当社の会社概要全般に関しては ⇒ 会社案内・お問い合わせ
========================
============================
まぐまぐで発行の「無料メルマガ」を全面見直しました。
ブログで書いている事を、より詳しく説明しています。
ぜひ、申し込んでください。

タイトル「あなたのお店が繁盛店に変身する方法」
■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001627577.html
============================

FC2Ad