FC2ブログ

あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

上位10%のお客様に合わせる

=================================
「いつも雑用のような仕事でつまらない」という人がいます。
それじゃーと、少しむずかしい仕事や、やっかいな仕事を与えると
「大変な仕事ばかりでイヤだ」と愚痴をこぼします。
ようは「ラクで楽しい仕事」をしたいということでしょう。
しかし、そんな仕事はそうそうありません。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2016_0128.jpg

上位10%のお客様をターゲットに

 お店がサービス等を考える上での、ターゲットは上位10%程度の
お客様に絞りましょう。
もちろん、10%という数字に拘ることはありません。
5%でもよいのですが、とにかく、あなたのお店を支えてくださる
上得意のお客様を中心にサービスを考えるようにしましょう。

 こう言うと、誤解されそうですが、決して残りの90%のお客様は
無視しろ、ということではありません。
10%の上得意様にのみサービスしろ、ということでもありません。
上位10%のお客様に喜ばれるサービスを、全お客様に提供するということです。
サービスの内容を考える時は、上位10%のお客様の為に、
喜んで頂く為には、と考えようということです。

 多くのお店では、お客様として全体を捉えようとします。
結果、全てのお客様に喜んで頂くために、と考えがちです。
しかし、全てのお客様に喜んで頂けるサービス等ありません。
あったとしても、それは極平凡な、どこの店でも実行している程度の
サービスでしょう。

 どうしても、特徴のあるサービスになると、受け入れられないという
人も出てくるものです。
だからと言って、全てのお客様が喜ぶような平凡なサービスで
済ましているようでは、決して繁盛店にはなれません。
繁盛店とは、支持者となるお客様がいる代わりに、受け入れないという
お客様もいるのです。
個性・差別化とはそういうものでしょう。


上位10%を満足させるサービスを提供する

「上位10%のお客様にサービスを提供する」と
「上位10%のお客様を満足させるサービスを提供する」では
全く意味が違います。

 上位10%のお客様を満足させるサービスを考えるとは、
サービスの質の問題であり、方向性の問題なのです。
あなたの目指すべき、サービスの質や方向性を考える対象は
上位10%のお客様に絞ろうということなのです。

 サービスの質や方向性を考える対象を、お客様全員においた場合、
現在は多様化の時代です、サービスの方向性は定まらないでしょう。
また、サービスの質も下がりますし、下げざるを得なくなるでしょう。
全員を満足させるサービスとは、価格を下げることなのですから。

 しかし、これでは、いずれ価格より品質を求めるお客様は
去っていくでしょう。結果残るのは、安売りを求めるお客様だけに
なります。そういうお客様がターゲットであるなら、
それでも良いでしょうが、これでは、利益を望むことはできません。


上位10%のお客様を満足させる
サービスを考えよう。
そのサービスを
全てのお客様に提供しましょう。
それがあなたのお店の特徴になります。

========================
自社のPRです。
A031.jpg

詳細は下記ブログ記事をご覧ください。
 無料チラシ作成・無料メール相談に関しては ⇒無料相談のご案内
 メール相談コースや業務内容に関しては ⇒業務内容・価格表
 当社の会社概要全般に関しては ⇒ 会社案内・お問い合わせ
========================
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1035-f4bcbe5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)