FC2ブログ

あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

市場にニーズなどあるのか

=================================
「いつも同じ仕事でつまらない」という人がいますが、
ビジネスとは常に動いているものです。全く同じ仕事などありません。
発注伝票の整理でも、何故「こんな発注の仕方をすのか」
何故「この商品を選んだのか」考えることです。
これにより、あなたが上司になった時、発注の仕方を変えることもできます。
何も考えない人は、上司になっても前任者の通りに仕事をこなし、
「いつも同じ仕事でつまらない」とボヤいているだけになります。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2016_0129.jpg

市場のニーズを掴む努力はムダ

「市場のニーズを掴んで、戦略を立てよう」
これは、よく言われる言葉でしょう。
一見正しいようですが、これには落とし穴があります。
大企業でない、中小企業や中小小売店では、非常に危険でもあります。

「市場のニーズ」と全体で捉えようとした時点で、お客様の顔が
見えなくなります。
お客様を個人として捉えない大企業では、それでも良いのでしょうが、
(現実は、この考えのために苦戦しているとも言えます)

 そもそも、市場にはニーズ等ないのです。
大企業が、宣伝を駆使して作り出してきたものなのです。
こういった操作が上手く行かなくなったので、市場のニーズを探ろう等
おかしな話です。


ニーズを満たすものはモノではなく「心」です

 大企業の話はさておき、中小企業(店)で相手にすべきは、
お客様個人なのです。
お客様一人ひとりと接し、感性の交流を図る必要があります。

 特に現在は価値観が多様化しています。お客様のニーズを満たす
ということは、モノ(商品)の提供だけでは済まなくなったということです。
モノの提供だけでなく、心の交流が大事ということです。
これは、市場のニーズだけを考えていたのでは、決して見つかるものでは
ありません。

 小売店とは、商品を提供していれば、取り敢えずは役目を果たしています。
しかし、これでは、決して生き残れないでしょう。
「お客様の言葉にされない願望」を感じ取り、願望を達成させるように
伴に考えたり、先読みして提案(実行)することで、感動が生まれます。

 現在、日本に於いては、モノが溢れています。
経済的な面を除けば、欲しいものはなんでも手に入ると言えます。
お客様にとっては、それなりにニーズは満足されていると言うことです。
今、小売店に求められるものは、お客様の願望の達成です。
この願望は、隠れていて本人も気づいていないかもわかりません。
それを見つけ出し、達成させることが小売店の役目なのです。


これからの小売店は
雨品の提供だけではダメです。
心の満足感を提供しなければなりません。

========================
自社のPRです。
A031.jpg

詳細は下記ブログ記事をご覧ください。
 無料チラシ作成・無料メール相談に関しては ⇒無料相談のご案内
 メール相談コースや業務内容に関しては ⇒業務内容・価格表
 当社の会社概要全般に関しては ⇒ 会社案内・お問い合わせ
========================
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1036-1cada668
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)