FC2ブログ

あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

繁盛店はお客様の変化に敏感です

=================================
「顧客満足とは、お客様に不満を抱かせない」ことだと考えがちです。
でも、不満を抱かなければお客様は満足するのでしょうか。
不満を抱かせないとは、マイナスの解消でしかありません。
満足とは、プラスの行動(サービス)をすることです。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2016_1122.jpg

お客様の変化に対応しているか

 お客様は変わり、ライフスタイルも変わりました。当然買い方も
変わるのです。ところが、売り手はそれに対応していないのです。
いまだに商品を並べていれば、売れると勘違いしているのです。
そして、商品棚に並べているだけで売れる商品を探し求めているのです。

 しかし、そのような商品はどこでも売っている商品です。
だって、その情報源はメーカーや仕入先からの情報だから、
どこのお店でも知っている情報なのです。
結果、売れる商品とは、価格競争になっている商品なのです。

「最近のお客様は安くしなければ買わない」と嘆きます。
それは当然です。そいういった商品ばかり売っているのですから。
もっとお客様のことを観察しましょう。


お客様は欲しい商品のないお店には来ない

 お客様は、欲しい商品が以前とは変わりました。だから、こういった商品を
品揃えしてください。等といったことは決して言ってくれません。
お店に置いてある商品から購入していくだけです。
そして、欲しい商品がなければ、買わずに出ていきます。
そして、二度と来店されないのです。

 お客様は変わっているのに、お店はちっとも変わっていない。
これでは、お店に活気が出るはずがありません。

 POSデータを見ています。単品管理しています。と言っても、
実際の発注では、いままで売ってきたものや、売上が見込めるものを
前年より少し発注量を増やし、頑張って売ろうというだけです。

 何故、その商品なのか、その商品はお客様が求めている商品なのか
真剣に考えることです。
その為の、POSデータであり、単品管理なのです。
お客様のちょとした変化に気づけるかなのです。
POSデータは、会計(経理)処理の省力化だけが目的ではありません。
発注を機械的にこなす為のものでもありません。
お客様の小さな変化に気づくためのデータなのです。
あなたの気づきを裏付けるデータなのです。


お客様は変化しています。
お店はそれに対応していかなければ
見捨てられるだけです。

========================
自社のPRです。
A044.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1422-d2179e50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)