FC2ブログ

あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

お店の狙いを全従業員が理科し実践する

=================================
商品知識を持つことは重要です。
しかし、必ずしも豊富な商品知識がサービスとは言えません。
お客様をよく知り、お客様の為の商品を選ぶ・勧めることが
サービスです。その為の商品知識でなければなりません。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2016_1124.jpg

お店の考えが「かけ声倒れ」になる

 お客様の変化から予測し、仮説をたてた後は、企業方針に落とし込んで
いかなければなりません。
企業方針を決め、品揃え戦略を考え、販売計画をたて、それらを細かく
実践していく手順を決め、全従業員が理解し実行していかなければ
かけ声倒れになってしまいます。

 狙いをわかりやすく説明し、売り場の現場では、何をどうするか
細かくつめていかなければなりません。
現場では、商品の揃え方・展示方法や接客等の売り方まで
こまかく決めなければなりません。

 ところが、多くのお店では、ここまでやりません。
売り込む商品と数量を示し(これをノルマのように扱います)、
後は、従業員まかせにしてしまいます。
結果、売り込み方も従業員でバラバラになり、お店の意思がお客様に
伝達されないのです。


販売計画で抑えておくべきポイントは

 販売計画の狙いである「どうすればお客様が来てくれるか」という点で
押さえておくべきポイントを考えてみましょう。
1 お客様の暮らしのどんな場面を狙うかを明確にする。
2 お客様はモノではなく、その商品を活かした生活を求めています。
3 一歩先取りした暮らしを提案する。
4 販促では、モノをアピールするのでなく、生活全体を示す。
5 どんな使い手により、どういった場面で、どう使われるかを示す。
6 販促で情報を知り、お店で体験できるようにする。
7 楽しい体験ができるお店にする。
 これは、イベントだけでなく、商品そのものが語りかけるように
 工夫することで実現できます。


お客様の暮らしや
心の奥にあるニーズを捉え
売り手としてそれらを
満足させる提案をすることです。

========================
自社のPRです。
A044.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1424-c7a2761b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)