FC2ブログ

あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

合理化と言いながら複雑になる仕事

=================================
ホテルや旅館では、カーテンが閉まっていることがよくあります。
これは、お客様の目の前でカーテンを開け、窓からの景観を見せ、
驚かせるという演出です。
同じ景観でも、カーテンの開け方だけで驚き方が違うのです。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2016_1125.jpg

経費削減の為の合理化なのに

 多くのお店では、経費削減が叫ばれています。
しかし、生産部門に比べ、事務部門やサービス業・小売業での
経費削減は上手く行っていないのが現状です。
価格破壊以降、値下げ競争は続いています。
仕入れ原価は行き着く所まできています。後、削減できる所は経費だけ
なのです。

 その為、多くの企業では、POSシステムを始め、いろんなシステムや
手法を導入してきましたが、なかなか成果につながらないだけでなく、
むしろ経費が膨らんでいるのが現状でしょう。
売上は伸びず、利益はどんどん減っていくということになっています。


失敗する合理化の例

 しかし、いろんなシステムや手法を追いかけるあまり、次のような
ことが起こっていないか考えてみてください。

1 問題の本質を掴まないで、対策だけ取る
2 仕事のプロセスを変えずに、部分的な対策を取るためより複雑になる
3 当面の仕事だけをいじり、他への影響を考えない
4 他社での成功例をそのままマネしようとする
5 管理職が増えることで、連絡事項等が増える
6 仕事を分業化したことで、組織同士の連絡事項が増える
7 仕事の分業化・専門化により、他の部門のことを考えない
8 管理職が問題解決者でなく批評家になって批判ばかりする
9 トップ・幹部がセミナー等での手法をそのまま実行しようとする
10 コンピュータでのデータ管理が中途半端で、間に手作業が入るため
  やたらと確認作業が増える
11 個々人管理のデータが多く、それらにルールがないため、
  総合管理に大変
12 横割り・縦割りと分業化されている為に、書類の移動が非常に
  多く、その都度作成しなければならない

ざっと上げればこんな感じですが、共通していることは、
合理化・経費削減の為に実行したことが、逆に複雑化を招いている
という傾向が強いようです。
根本的な仕事のプロセスを見直す所から、始めなければ、どこかに
シワ寄せが来ます。それが、結果足を引っ張ることになります。


経費削減の為の合理化では
表面だけを見ての対策でなく
根本的なシステム・プロセスを
見直す所から始めよう。

========================
自社のPRです。
A043.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1425-555a4adc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)