あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

いつの時代もコンプレックスビジネスは流行る

=================================
「寄らば大樹」という言葉があります。
しかし、現在では、どんな大樹でも倒れることがあります。
大樹が倒れた後、一気に開けた視界に驚くことになります。
「寄らば大樹」とは、周りが見えなくなることでもあります。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2017_0313.jpg

コンプレックスビジネスは不変か?

「○○を飲めば健康になります」
「○○を使用すれば肌が若返ります」
という商品があります。
根拠の有無は別にして、これらをコンプレックスビジネスと
言います。
パワーストーンや魔よけの品も、コンプレックスビジネスといえます。

 これらは「悩み」や「劣等感」を解消しようというビジネスです。
商品の品質価値を問うものでなく、心の価値を問うものです。
「悩み」や「劣等感」は、いつの時代でも、誰にでもあります。
これらを解消してくれるという商品を、求める気持ちは不変である
といえます。

 しかし、コンプレックスビジネスは不変であっても、流行る
商品は常に変わります。
流行を追いかけることは、一般商品においても難しいものです。
コンプレックスビジネスにおいては、心の価値に頼るだけに、
廃れるのも速いものです。


売れている商品を追いかけるのは危険

 流行を見極めるのは非常に難しいものです。
例えば、バブル景気に関していえば、最初の3年程は、
殆どの人が、こんな景気は続かないと主張していたものです。
しかし、それが、3年、5年と続くと専門家までもが、
いろいろ解説しだして、この景気が不変であるように言い始めました。

 しかし、その後の経過はご存知のとおりです。
皆が不変だと考え出した時が、崩壊(流行の終焉)の始まりなのです。
もちろん、バブル終焉のきっかけは、政策によるところが大きいの
ですが、下地は出来上がっていたといえます。

 流行っている商品や売れている商品を扱う場合は、見極めが
非常に大事です。
多くの人が、流行っている、売れていると考えだす時は、
すでに分岐点に差し掛かっているケースが多いものです。


売れている商品を
追いかけるのは危険です。
心の価値を求める気持ちを
キャッチし商品選びを
考えましょう。

========================
自社のPRです。
A045.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1533-40a9cf2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad