あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

お客様は「なんとなく」商品を購入する

=================================
ラップの端が見つからずに、苦労したことはありませんか。
人生とは、ラップの端のようなものです。
端が見つかれば、簡単にスルスルとうまくいくものです。
多くの人が端が見つからないので、諦めるのです。
しかし、端は必ずあります。あるとわかれば諦める必要はありません。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2017_0314.jpg

「なんとなく」って

 お客様が商品を選択した理由を聞いた場合、いつも購入している
商品でない場合は「なんとなく」という答えが最も多いのです。
「特価品だったから」「他の店より安いから」という答えもあります。
しかし、決め手となる答えは「なんとなく」なのです。

 この「なんとなく」とは、何も考えていないということでは
ありません。
通常、お客様が買い物(商品選択)をする場合、脳内では
活発な会話がおこなわれています。

「この商品はどんな効果があるのか」「本当に必要な商品なのか」
「今買うべきなのか」等々、脳内で活発に会話がおこなわれています。
しかし、買い物かごに掘り込む瞬間は「なんとなく」なのです。
はっきりと脳内会話で、結論を出して購入決定するというわけでは
ないのです。


「なんとなく」を起こさせる脳内会話

 この最後の一押しは「買い物スイッチ」が入る状態といえます。
この「買い物スイッチ」が入った状態にするとは、何が決め手に
なるのでしょうか。

 たしかに「特価品」「お買い得」という情報も、その一つだと
いえますが、現在の消費者は、それだけでは購入決定には
いたりません。

「なんとなく」という購買理由は「衝動買い」と言い換えることが
できますが、定番商品以外は全てこの「衝動買い(なんとなく)」
なのですから「衝動買い(なんとなく)」を起こさせる工夫を
することが売り上げ増の決め手になるということです。

次回では、この「なんとなく」をもう少し掘り下げて考えてみましょう。


衝動買い(なんとなく)とは
何も考えていない
とうわけではありません。
お客様の脳内では
活発な会話がおこなわれています。

========================
自社のPRです。
A046.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1534-eff14edc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad