あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

脳内会話は情報提供で始まる

=================================
生活のON/OFFが必要だとよく言われます。
これは、心(脳)の掃除をするようなものです。
掃除をしなければゴミ屋敷になり、まともな生活が出来なくなります。
24時間働くことが、成功への近道ではありません。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2017_0315.jpg

すべては情報提供から

 前回は、お客様の商品購入での最大理由は「なんとなく」だと
いうことをお話しました。
しかも「なんとなく」といえども、お客様の脳内では活発な
会話がおこなわれている、ということもお話しました。

 しかし、お客様は店内全ての商品に対して脳内会話をしている
わけではありません。
気になった商品に対してのみ、脳内会話が起こる訳です。
この「気になる」というキッカケは、ニュース(情報)なのです。

 なんの知識もない商品に対しては、興味を持つことはありません。
ニュース(情報)とは、その商品に対してだけではありません。
例えば、ビタミンCに対してお客様は、すでにいろんな情報を
持っています。
そこに、パッケージやPOPでビタミンCという単語を見つけて
興味を示すということになります。


既存情報との関係から脳内会話が始まる

 お客様はすでにビタミンCが、体によいという知識を持っています。
そこに「レモン○○個分のビタミンC配合」等という
単語を見つけて「こんなにビタミンCが入っているのか」
「おいしそうだし、しかも安い」等という会話がスタートする
訳です。

 こういったキーになる単語を見つけ出すことが、脳内会話を
スタートさせるには重要な点だといえます。

 ビタミンCのように多くの人が知っているニュース(情報)では
その単語だけで、脳内会話をスタートさせることができます。
しかし、殆どのお客様が知らないニュース(情報)では
単語を提示するだけでは、なかなか脳内会話をスタートさせる
ことは難しいでしょう。

 こういった場合は、既存のニュース(情報)とは異質な
ギャップのあるニュース(情報)を提示することで
脳内会話をスタートさせるという方法を取ります。

 既存のニュース(情報)と違う情報を提示され、
「えっ、どういうこと?」と脳を混乱させ、脳内会話を
スタートさせるのです。


脳内会話とは
ニュース(情報)が
提供されることで始まる。

========================
自社のPRです。
A045.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1535-d0640e3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad