あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

お客様のレベルに応じた情報提供を継続する

=================================
部下などに威張り散らす人がいるものですが、横で見ていると
イヤな気分になります。
威張る人とは、自信のない人だと言えます。
威張ることで部下との上下関係をはっきりさせているのです。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2017_0316.jpg

お客様のレベルは千差万別

 お客様が既存の情報により、商品やブランドに対するイメージが
出来上がっている場合とは、イメージの良し悪しは別にしても
関心度が高いといえます。
特に好感度である場合は、ちょっとした追加情報を与えるだけで
お客様が反応するケースも多いものです。

 しかし、現在のような情報過多の状態では、個々人によって
情報量に差が出ます。
もちろん、それは関心度の違いということですが、お客様を
同じレベルとして捉えることが難しいといえます。

 家電量販店のPOP等でも、専門的な機能・性能説明を理解できる
人もいれば、全く理解できない人もいます。
従来は、こういったいろんなレベルのお客様に対しては
接客によって対応してきたのですが、現在のお客様は店員(営業マン)
を嫌う傾向にあります。

 購入を決定しない段階では、なかなか店員に接触しようと
しないものです。
といっても、あまり積極的に話しかけても嫌がられます。
そこで登場するのが、POPや情報提供のパンフです。


情報提供はお客様のレベルに合わせる

 しかし、前記したようにお客様にはいろんなレベルの方が
おられます。
それぞれのレベルに応じた、情報提供が必要になってくるのです。

 この情報提供は継続して行わなければなりません。
何度も来店されているお客様は、レベルアップしていくでしょうが、
常に新しいお客様も来店されるのです。
常連のお客様のレベルも上がったからと、初心者向けの情報提供を
怠るわけにはいかないのです。

 また、新製品の開発も活発で、商品の入れ替わりは非常に
激しい現在においては、常に新しい情報が生まれているといえます。
これらも常に提供し続けなければなりません。
情報提供とは、中断した時点でお客様との繋がりがなくなる
と考えておくべきです。


お客様のレベルに応じた
情報提供が必要です。
また、情報提供は
継続することで
お客様との関係も継続できます。

========================
自社のPRです。
A046.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1536-3702b5dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad