あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

従来のイメージと異なる情報提供

=================================
ビジネス等で成功するには、タイミングが重要です。
どんなに素晴らしいアイデアでも、タイミングが悪ければうまくいきません。
逆に、それほどでもないアイデアでも、タイミングが合えば
うまくいくものです。
では、ベストのタイミングとはいつなのでしょうか。
それは「今なのです」思い立ったが吉日です。
ためらっている間にタイミングがずれるのです。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2017_0318.jpg

異質な情報を提供するケース

 情報提供には、既存・既知の情報に新しい情報を追加する
ことで、商品・ブランドのイメージを膨らませるというやり方と
従来の情報とは異質な情報を提供することで、お客様の注意を
引くという情報提供があります。

 前者は、いままでお話ししてきましたので、今回は後者の
異質な情報を提供するやり方についてお話します。

 この異質な情報を提供するとは、お客様にあまり情報が
ない新製品(新開発商品)に注目を集めるためにやる方法です。
同時に、商品情報は知れ渡っているが、マンネリ化し商品に
勢いがなくなった場合にも使われます。

 いずれの場合も、商品がその他大勢に埋もれてしまっている
場合に行うやり方ですが、この場合、どうしても差異を強調
しがちになります。
しかし、お客様の関心事は差異ではなく、その商品の有用性だと
いうことを忘れてはいけません。
他の商品との違いだけを説明(情報提供)するだけでは
お客様の購入意欲を刺激することはできません。


情報がお客様のライフスタイルに合うか?

 重要なのは、商品の差異ではなく、お客様の心の中にあると
いうことです。
言い換えれば、お客様が関心や興味のない情報をいくら提供しても
意味がないということです。

 この異質な情報提供とは、お客様の脳内を混乱させますので
非常なインパクトがあります。
しかし、前記したようにお客様に興味がない点であれば、
「それがどうしたの」と全く受け入れられない結果になる
危険性も高いといえます。

 どんなに奇抜は情報であっても、ターゲットのライフスタイルに
合わなければ「奇妙な情報」にしかなりません。
そうならない為の一例をあげるなら、一部のコアなお客様の
商品の使い方やこだわり方を紹介する方法があります。
現に、一部とはいえ、受け入れられていることなので
関心度も高い情報だといえます。
その情報が、他のお客様のライフスタイルに合うか考えて
情報提供すればいいでしょう。


従来イメージとは違う
異質情報の提供は
インパクトは強いが
受け入れられないケースも出る。

========================
自社のPRです。
A046.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1538-162e612f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad