あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

客単価アップとは値上げではない

=================================
やりたいことにも締め切りを決めることが重要です。
しかし、仕事と違って、自分のやりたいことには締め切りを
守らなくても、ペナルティーや催促はありません。
最終締め切りだけでなく、スケジュールを細かく設定し
短い期間の締め切りまで設定して、プレッシャーをかけるように
しましょう。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2017_0410.jpg

客単価アップの為の値上げは逆効果

 客数を増やす方法(手法)は、いろいろな本にも書かれているように
数多くあります。
あなたのお店にマッチした方法を採用すれば良いでしょう。

 しかし、客単価アップを説明しているモノは非常に少ないのが
現状であり、方法(手法)は限られてきます。
代表的な方法(手法)として、ターゲットとなるお客様を絞り込む、
扱い商品を絞り込み、ニッチなエリアに対応することにより、
高価格化に導き、客単価をアップしようという方法です。

 両手法とも、相手とするお客様が減ることになり、客数減少の
リスクは高くなります。
客単価が倍になっても、客数が半減しては売上げは増えません。
ただし、利益率が上がれば、利益は増えることが期待できますが、
いつまでも、その利益率を確保できるか不安が残ります。


多くの項目を並行して実施すること

 しかし、どうして客単価アップが値上げという考えになってしまうの
でしょうか。
それは、客単価の単価という言葉から連想してしまうせいでしょう。
客単価アップ、イコール単価アップと、考えてしまうからだと言えます。

 客単価とは、通常、売上÷客数(レジ通過者数)で計算されますが、
別の見方をすれば、客単価=1人当り平均購入個数×平均単価だと
言えます。平均単価とは、売上÷売上総個数のことです。

 客単価を上げるには、1人当りの購入個数をあげること、
または、平均単価をあげることですが、両方あげることを目標に
すべきであり、決して値上げだけではないことがわかります。

 このように小売店においては、売上を上げるとか、客単価を
上げる、客数を増やす等と、1点だけに絞った戦略を取った場合
他にしわ寄せがおよび、結局成果を得られないだけでなく、
逆に業績悪化につながります。

 客単価アップや客数増加等を、細かい要素に分類し、それぞれを
少しずつアップするようにすべきです。
これらは、全て掛け算ですから、少しずつのアップが大きな成果に
繋がります。


1点集中の施策はわかりやすいが
他にしわ寄せが起こります。
多くの項目を少しずつアップする
という戦略が成果を大きくします。

========================
自社のPRです。
A045.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1561-58dd0c4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad