あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

変わった商品、奇抜な商品が売れる

=================================
人脈とは充実してくれば、数は減っていくものです。
なぜなら、深く付き合うには人数に限度があるからです。
ある程度人数が増えてくれば、内容や深さを見直す時期に
差し掛かってくるのです。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2017_0504.jpg

情報過多がライフスタイルの多様化の原因

 現在は、情報化社会だと言われています。
いろんな情報が飛び交い、手に入れることも容易になりました。
情報には、企業・業界内情報もありますが、一般的な生活情報も
多くなってきました。

 生活情報も昔からある天気予報に始まり、道路の渋滞情報や
各製品の使い心地等の情報、レストランの料理や、料理レシピ等の
情報など、大衆向けの情報から、かなりマニアックな情報まで
溢れています。

 この情報過多が、ライフスタイルの多様化を産んだ要因だと言えます。
情報が多ければ、その中から自分の欲しい情報を選択することになります。
その選択の仕方が、その人のライフスタイルになるのです。
以前は、生活情報が少なかったため、選択の余地がなかったため、
企業などが提供する情報に頼っていたため、大衆という1つの
ライフスタイルに集約されていたのです。

 お客様には、多くの情報から自分なりに選択する権利があると言えます。
企業や小売店がいくら情報を流しても、選択されないということも
起こり得るのです。
今のお客様は、企業の意図した通りには動かないということです。


奇抜でなければ情報にならない

 このように、情報過多になってくると、これから流行るモノ、
売れるモノとは、変わったモノ、奇妙なモノになりがちです。
普通の商品・現象では他の情報に埋もれてしまい目立ちません。

 商品であれば、変わり映えのしないものは、すぐに価格競争の
波に飲み込まれてしまいます。
同じような性能の商品であるなら、変わったデザインの方が
注目されるようになります。

 しかも商品では、総合力でなく、特定の部分のみが強調(注目)
されるようになります。
これも、情報化社会の現象といえます。
変わった部分(それもひと目で分かるような特徴)がなければ、
ニュース(情報)にならないからです。


情報過多の現在では
変わったモノ(尖ったモノ)
がなければ注目されません。

========================
自社のPRです。
A045.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1585-617e6552
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad