FC2ブログ

あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

「雑」が今のキーワード

=================================
相手を説得する時に、具体的な数字や固有名詞を出すことは
有効ですが、逆に相手から具体的な数字を出された場合は
どうすれば良いのでしょうか。
この場合は、そのデータの出処や調査の時期を聞いてみましょう。
出処が曖昧であったり、調査時期が古い場合は、信憑性や有効性を
指摘することもできます。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2017_0518.jpg

お客様が求めるから流行る

 ライフスタイルの多様化が進むと、いろんな価値観が生まれます。
違った価値感が生まれれば、変なモノが流行りだします。
古い価値感にしがみついていると、それが理解できない。
理解できないだけならいいのですが、意識的に無視しようとします。
「あんなモノ、ばかばかしい」と無視します。
しかし、流行っているということは事実なのです。
そのことを認め、理解しようとしなければなりません、

 テレビ番組で言えば、どんなに「くだらない」「下品だ」と
言っても、視聴率がよければ続くものです。
どんなに、良い番組であっても、視聴率が悪ければ消えていくのです。
良いか悪いかはお客様(視聴者)が決めることなのです。

 これは、商品でも同じです。どんなに良い商品であっても、
お客様の支持がなければダメなのです。
ただ、テレビ番組と違う点は、ターゲットを絞り込むことが出来る点です。
商品の場合は、ターゲットを絞り込むことで、お客様の要望も
絞り込むことができます。
特定の少数派であっても、絶大な支持を受けることができれば、
長く続けることは可能です。


現在のキーワードは「雑」

 最近のキーワードは「雑」だといえます。
「雑貨」がもてはやされていますし、テレビ番組では「雑学」の
番組が多くあります。「雑穀」は健康食品として人気があります。
雑文・雑感はエッセイと言う形で色んなところで見かけます。

「雑」とは、本格的なモノからすれば、一段下と見なされてがちですが、
雑とは雑多と言うように、いろんな要素を含んでいるものです。
ライフスタイルの多様化とある意味、マッチしていると言えます。
いろんな考え(価値観)のある人たちに対応していると言えます。

 本格的なものでなくても、突きつめていけば、立派なビジネスとなります。
「雑」とは主要部分からすれば、いらないモノだとも言えます。
しかし、いらないモノであっても、それを工夫することで
全体が大きく変わるのも事実です。

 ソファーを変えなくても、そこに置くクッションでイメージは大きく
変わります。
現在は、こういった「雑」を工夫することで、自分のライフスタイルを
演出しているのだと言えます。


ライフスタイルの多様化が
「雑」のブームを生んでいます。
「雑」も突き詰めれば
立派なビジネスになります。

========================
自社のPRです。
A045.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1599-2318a874
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)