FC2ブログ

あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

お客様は話し好き、しっかり話を聞こう

=================================
交渉の場では、相手を説得することが重要ですが、
相手を説得しただけでは十分ではありません。
多くの企業では、上司にお伺いを立てるのが普通です。
上司を説得しやすいような、材料を提供する必要があります。
相手が上司を説得するお手伝いまで、考えておかなければなりません。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
0516.jpg

お客様は店員と話したがっている

 人は、他人の話を聞いている時よりも、聞いてもらっている時の
方が嬉しいものです。
人とは、本来話し好きなのです。
カウンセラーとは、徹底的に相手の話を聞くものだと言われています。

 これは、小売店の現場でも同じでしょう。
店員が一方的に話してはダメなのです。
店員とは、お客様に対して優秀な聞き手にならなければなりません。
お客様とは、自分の言いたいことをすべて話せれば、満足するのです。
お客様の言いたいことを途中で遮り、クローズに持っていった場合
お客様には売りつけられたという印象が残り、常連客へはなって
くれないでしょう。


お客様の意見を否定しない

 お客様の話を聞く際に重要なことは「相づち」です。
「なるほど」と相づちを打つことで、お客様はどんどん話の扉を
開いていきます。

 会話と言うのは、リズムがあります。相づちを打つことでリズムが
生まれるのです。
自分の意見を言うことも大事ですが、このリズムを壊すような
ことをしてはいけません。

 また、自分の意見を押し付けてもいけません。
基本は、お客様の意見を肯定することです。
お客様と違う意見を言う時でも、決して反論してはいけません。
肯定の路線でお客様の意見を認め、こういう見方もありますよ。
という風に肯定の延長線上で話すようにします。

 お客様の意見を肯定することで、お客様は自分で判断した
と感じるようになり、満足感が生まれます。
お客様が営業マンを嫌うのは、売りつけられると感じるからです。
お客様は自分で商品を選びたいのです。
しかし、助言が欲しい場合もあります。
その時に、売りつけるのでなく、的確な助言をできるようにすることです。
その為には、お客様の意見を否定するのでなく、肯定から入るべきです。


お客様とは本来話し好きです
お客様の意見をしっかり聞いて
お客様に助言することです。
売りつけるトークは厳禁です。

========================
自社のPRです。
A046.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1604-4adabf6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)