あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

口コミのためのタネまきにおける大原則

=================================
サラリーマンはなかなか休みを取ろうとしないものです。
私が休むと仕事が滞るという考えですが、会社とは組織で
動いていますから、あなた1人が休んでも問題なく機能します。
自分がいなくても問題ないと、バレるのが怖いので休めないのです。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2017_0729.jpg

 口コミを広げるためのタネまきは、能動的なプロセスが必要です。
タネさえまけば、後は他人まかせでは決して成功しません。
タネまきは以下の点を考慮して行いましょう。

1 想定より広い範囲にまく

 タネまきは、うまくいかないことも考慮し、予定しているよりも
広い地域・グループにまくようにしましょう。
また、タネまきに利用するチャネルも、既存のチャネルだけでなく
より多くのメディアを利用するようにしましょう。


2 情報だけでなく現物も彼等に提供する

 情報だけでは、人を動かすことは難しいものです。
費用の許す限り、現物を提供するようにしましょう。
また、イベント・店頭でも実際に手に取って触れるようにしましょう。
現物に触れることで、他人に伝える情報量は飛躍的に増えます。


3 価格障壁をできる限り低くする

 タネまきの場合、理想的なのは無料提供です。
しかし、無料提供は費用がかかりますので、割引提供になるのも
仕方ありません。
配る数量と費用との兼ね合いで考えなければなりません。
ただ、提供価格が低い方が反響や波及効果が大きいのは事実です。


4 効果が低い場合の対策も

 タネまきでは、効果が低い地域やグループが必ず存在するものです。
これらは、無視する場合が多いものですが、効果の低い人達の声を
しっかり聞くようにしましょう。
そこには、商品の改善点やタネまき方法のまずい点がかくれています。
うまくいっている地域やグループは、自然の力に任せてもいいのですが、
効果が低い人達には、次の手を打つようにしましょう。


口コミは他人任せでは
成功しません。
しっかり予算を組み
成功へのプロセスを考えましょう。

========================
自社のPRです。
A045.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1671-6abff85b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad