あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

紹介者への報酬は

=================================
ビジネスでは、絶対に安全ということはありません。
必ずリスクはあるものです。
リスクが問題なのでなく、リスクを認識しているかが問題なのです。
落し穴の存在を知っていれば落ちることはありません。
落し穴の存在を知らないから落ちるのです。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2017_0804.jpg

報酬を高くしては逆効果

 「友達に話そう」「友達に渡そう」ツールを利用している時に
考えなくてはならないことは、紹介者に対して報酬を出すべきか
どうかということです。

 口コミマーケティングがうまくいくには、伝達者が善意に基づいて
口コミを拡散しているということが重要です。
そこに利害が関係している事がわかれば、情報の信憑性が失われる
ことになるからです。

 このことからも、基本的には紹介者への報酬はない方が良いと言えます。
しかし、企業側としては紹介者へ感謝の気持ちを表したいと考えるのも
当然ですし、紹介者も企業に感謝されれば嬉しいものでしょう。
報酬は高価なものでないこと、できれば対象製品に関連したものが
良いでしょう。
あくまでも、報酬目当てではないことを明らかにすることです。


製品(情報)の優秀性が大前提

 紹介者に報酬を提供することの欠点は、情報の信憑性を損なう
ということだけではありません。
報酬を出すことにより、紹介者に友人情報の提供を強いているように
感じさせることです。

 いくら報酬を低くしても、こういった懸念は拭い去れません。
こういった懸念を拭い去る方法は、対象の製品が人びとをわくわくさせ
紹介者が感謝されるような製品であることです。
製品の良さが、懸念をかき消すのです。

 報酬により、口コミの拡散にはずみがつくかどうかも、全て
製品の優秀性にかかっているのです。
紹介者が、報酬のことを考えなくても、他人(友人)に話したくなる
ような製品であることが前提条件なのです。


紹介者への報酬を
高くしてはいけません。
他人(友人)に話したくなる
製品であることが大事です。
報酬は単なる後押し程度です。

========================
自社のPRです。
A045.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1677-ce4be9aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad