あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

広告は口コミのマネをできるか

=================================
「仕事が面白くない」という事を言う人がいます。
それは「仕事が面白い」と言うレベルまで達していないからです。
名人と言われるような職人さんでは、面白いとか面白くない
とかいうレベルを超えてしまっています。
ただ、その仕事に打ち込んでいるだけです。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2017_0806.jpg

広告は信用度が低い

 広告と口コミは、相互に影響し合うので、上手く使いこなすことが
重要です。
それでは、広告が口コミの「マネをする」ことはできるのでしょうか。
それが可能なら、口コミに頼らず広告だけで同じような効果が
得られるはずです。

 結論から言えば、それはかなり難しいと言えます。
なぜなら、広告は友人・知人からの情報提供よりも信用されていない
ということです。
広告だけでは、信用度が低すぎるということです。

 しかし、従来の広告のような製品の利点ばかりを並べ立てる
というやり方では、ますます消費者は信用しなくなります。
もっと、消費者側からの意見を取り入れ、友人との会話のように
広告を展開していくことです。


証言型広告

 口コミ的な広告として、証言型広告と言うものがあります。
一般の消費者が製品の良さを証言している、というパターンですが、
しかし、証言者が売れていないタレントであることは、もはや誰でも
知っているのです。

 証言型広告を成功させるには、証言者が本当の使用者であることです。
本心での証言であることです。それがタレントであってもいいのです。
真実の情報を心をこめて証言すれば、それは消費者に訴えかけます。
今の広告は、演出に凝りすぎます。

 実際の使用者を広告に使うなら、証言者は有名タレントでなくても
よいのです。
消費者は、証言者が有名人か等は関係ないのです。証言が真実を
述べているのかに関心があります。

 もちろん、有名人を使うなと言っているのではありません。
有名人の方が、消費者の関心を引くことができます。
しかし、それで口コミのような情報の拡散を招くかは別の
話しです。


証言型広告は
口コミ型広告と言えます。
しかし、真実味がなければ
情報の拡散は起こらない。

========================
自社のPRです。
A045.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1679-97a66570
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad