あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

口コミマーケティングのまとめ3

=================================
提案書などを書く場合、資料(データ)集めから始める人がいます。
資料集めよりも、まず自分の書きたいこと(提案したいこと)から
書き始めましょう。
資料(データ)集めは、その後で良いのです。
その方が、必要な資料(データ)集めだけで済みます。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2017_0813.jpg

 今回は前回の続きとして、ネットワークに絞って考慮しなければ
ならないポイントをまとめて見ましょう。


ネットワークとどう付き合うか

 あなたが、ネットワークで情報発信するかどうかに関係なく、
絶対にネットワークは無視するわけにはいきません。
ネットワークをどう活用するかを、まとめて見ましょう。

情報発信元を識別する
 まずは、情報発信者を見つけ出すことです。
メガ発信者がいれば、同時に見つけ出すようにしましょう。
ネットワークでの観察・活用はここから始まると言えます。

情報発信者の傾向を探る
 情報発信者がどういった人か探るようにしましょう。
過去の発信情報などから、ライフスタイルを推測します。
これにより、同じようなライフスタイルの人は、次の情報発信者に
なってくれる可能性があります。
これにより、情報提供すべき人を見つけることができます。

情報の拡散経路(経過)を観察しよう
 情報がどういった人に拡散しているか、経過を観察しましょう。
これにより、核となる人や、ターゲットとすべき人が絞り込まれます。

情報発信者に必要な情報を提供する
 情報発信者へ情報発信の後押しするように、新たな情報を
提供するようにしましょう。
製品などを提供して、使用感などを新たに発信してもらうのも
良いでしょう。

情報発信者とのコミュニケーションを考える
 情報発信者と積極的にコミュニケーションを取れるように
工夫しましょう。
いろんな質問や要望に答える(応える)など、積極的に対応しましょう。


ネットワークでは
情報発信者を識別することが
重要です。
これによりターゲットにすべき
お客様が明確になります。

========================
自社のPRです。
A046.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1686-f72f2022
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad