あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

商品のポジショニングを考える

=================================
日本の企業での会議とは、アイデアや提案の潰しあいになることが
多いものです。
多くの人が意見を出し合えば、どうしても角のとれた丸いものに
なりがちです。斬新なアイデアも平凡なアイデアになってしまいます。
全員が納得したアイデア等、平凡で無難なモノになります。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2017_0820.jpg

心理的相場を逆利用する

 消費者の心の中には「商品のアンカー」と言うものがあって、
ペットボトル飲料は150円前後、居酒屋では2,000円から3,000円
程度、靴なら数千円程度と言う風に心理的な相場が存在します。

 しかし、特定の人をターゲットにした商品を開発した場合、販売個数と
開発費の回収を考えた場合、どうしても高価格になりがちです。
しかも、特殊な素材を使っていたりすれば価格を下げることは
難しくなります。
とはいえ、価格がお客様の考える相場以上であれば、簡単には売れません。
こういった場合、商品のポジショニングを変えるという方法があります。

 健康シューズを開発した場合、靴としてのポジショニングであれば、
数千円以内に収めなければなりませんが、フィットネスの面を強調すれば、
フィットネス用品やフィットネスクラブの相場での競合に変化します。

 もちろん、効果をしっかり実証しななければなりませんが、
フィットネス用品として考えるなら、数千台よりも数万円の方が、
効果がありそうに感じるのも、消費者の心理としてはあるでしょう。
結果、ポジショニングを変える事で、数千円の靴としては、売れなくても
フィットネス用品としてなら、数万円でも売れるということになるのです。


商品には心理的相場が
存在します。
ポジショニングを変えるだけで
対象の相場が変化します。

========================
自社のPRです。
A045.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1693-64b8d811
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad