あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

親と同居する若者世代の消費傾向

=================================
商品企画などでは、ターゲットを決めることが重要です。
しかし、会議を重ねていくと、ヒット商品にしたいからと
どんどん、ターゲットが広がっていくことがあります。
これでは、特徴のない商品になってしまいます。
ターゲットとは、どんどん絞り込んでいくことで、心に訴えかける
商品ができあがるのです。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2017_0824.jpg

現在の若者の傾向

 現在の若者とは、団塊ジュニア以降の世代です。
この世代の特徴は、一人暮らしをあまり望まないことだと言えます。
たとえ社会人になっても、通える場合には、親と同居を選ぶようです。

 電話も昔のような固定電話ではなく、携帯やスマホというような
個人所有ですし、現在の子供は個室を持っていますから引きこもって
しまえば、プライバシーは確保されます。
一人暮らしと全く変わらないのです。
その上、食事付であり、洗濯もやってくれます。

 親をうまく利用して、生活をエンジョイしていると言えます。
昔の人間からすれば、親離れしていないと言いたいところですが、
これが、現状です。


広告では動かない若者世代

 現在の若者の消費特徴としては、親と同居しているという関係上
必要にせまられて買い物をするということが少ないのです。
その為、ライフスタイルを非常に重視します。

 広告などには、全く踊らされることはありません。
その為、大流行と言うものは少なくなったと言えます。
反面、数多くの小流行・中流行が生まれることになります。

 また、現在の若者世代は、親子で買い物をする場合が多いのです。
特に女性では多く見られるようで、母親と娘で洋服を選んでいる
と言うケースが多くあります。
このように、若者の消費傾向は、従来とは全く違っていると言えます。


親と同居する若者世代
消費傾向も従来と
全く違っています。

========================
自社のPRです。
A045.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1697-e3548dcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad