あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

低価格路線とは正反対の路線

=================================
商品やサービスに対してお褒めの言葉を頂くことは、企業・担当者に
とっては、嬉しいものです。
しかし、お褒めの言葉からは改善(成長)は望めません。
お客様からはお叱りの言葉を集めるべきです。
お叱りの言葉から、改善(成長)が生まれるのです。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2017_0827.jpg

お客様は安さだけを求めているのではない

 低価格路線とは、価格の安さで集客(販促)をはかるものです。
しかし、お客様が商品に求めているモノとは、価格の安さだけでは
ないはずです。

 たしかに、よい商品が安く手に入ることは喜ばしいことです。
しかし、価格を安くするためには、何かを犠牲にしているはずです。
犠牲にした部分が、自分にとって重要部分であれば少し高くても
満足できる商品を買うことになるでしょう。

 また、1点豪華主義と言う考えもあります。
こだわりのある商品であれば、高価格商品を買うこともありますし、
高価格商品を手に入れることを目標にすることさえあります。
ただ、安ければ売れるというものでもないということです。


常識を破る必要もある

 ただし、こういったお客様の深層心理的な思考(嗜好)は、
わかりづらいものです。
決して、POSデータ等には現れません。
POSデータとは、現在売れている商品はわかりますが、
取り扱い以外の商品が売れるか、ということを示してはくれません。

 現在は、モノに対してあまり執着がありませんから、
安いモノをどんどん購入するという風潮ではありません。
気に入ったモノにはお金を惜しまない、と言う傾向もあります。
自分へのご褒美といって、高価な商品を購入することもあります。

 このようなお客様の深層心理を知るには、常識を破る考えが
必要になります。
過去のデータや売れ筋品だけを見ていては、決してわからないのです。


お客様は低価格だけを
求めているのではない。
安さとは違う魅力を
見つけ出すことが必要です。

========================
自社のPRです。
A046.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1700-12733902
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad