あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

移動距離が伸びたお客様をどう取り込むか

=================================
アイデアがなかなか思いつかない時には、一時離れて単純作業
するのもいいでしょう。
肉体労働等の単純作業すると、無我の境地になれるからではありません。
その逆で、肉体を動かすことで脳は活発に働き出すのです。
机の前でじっと考えているだけでは、脳は休んでしまっているのです。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2017_0830.jpg

近距離がメリットではなくなった

 共稼ぎ世帯が増え、買い物は週末に車で移動するという傾向に
なると、距離が近いということは、さほどメリットにならなくなりました。
大型の駐車場を持つ、郊外型のショッピングセンターやショッピング
モールが乱立するようになったのです。

 しかも、週末に一家で買い物に出かけるという傾向になれば、
大型のスーパーと言う形態では客足は伸びなくなります。
半日から一日過ごせるような、娯楽施設も備えた総合的な
ショッピングモールに移行していくことになります。

 近くに観光施設があったり、大型店が集中しているという風な
全体でお客様を集めるという地域が注目されるようになります。
大型店が単独で存在する場合は、客足がのびなくなります。


駅前が一等地でなくなる

 このように、お客様が買い行動において距離を気にしなくなってくると、
駅前というメリットはなくなります。
そして、商店街の多くは駅前にあるのが一般的です。
駅前というのは、たしかに通行者は多いのですが、買い物という面では
大きな意味がなくなったのです。

 しかも、駅前の商店街は従来通りの営業時間のままです。
通勤客とは、朝晩に集中するものです。
その時間帯では、お店が閉まっているというケースも多くあります。
おまけに、夜遅くでは照明も消されて、通常の道よりも暗いとなれば
通行客すら減ってくるのです。

 たしかに、買い物客は全て車で移動するというわけではありません。
電車・バスで移動するお客様も大勢います。
しかし、休日にわざわざ出かけるのですから、それなりの魅力が
なければ足を運ぼうとは思いません。

 これからは、同業他社(店)との戦いだけではありません。
休日にわざわざ足を運ぼうかと思うような、魅力のある商店街・地域
であることが重要です。


お客様の移動距離は
大きく変わりました。
地域的に魅力がなければ
お客様は集まらない時代です。

========================
自社のPRです。
A045.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1703-752bbf5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad