あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

大型店に対抗する商店街

=================================
情報がマスコミ等に取り上げられるまでには、時間的なズレが
生まれますから、現状とはギャップが生じます。
だから、マスコミの情報は役に立たないと考えてはいけません。
情報と現状のギャップはどうして生まれたのか、考えることで
流行の変化等を把握することができます。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2017_0902.jpg

ハード面よりソフト面の充実を

 商店街の活性化の一環としてアーケードを新設したり、建て替えたり、
通路をカラー舗装するというケースがよくあります。
たしかに、キレイで明るい方がお客様を呼び込みやすくなるでしょう。
しかし、現在のお客様はキレイというだけでは来店されません。
もっと魅力的な、驚くようなことがなければなりません。

 とはいえ、アーケードなどのハード面での驚きは、一時的なものに
なりがちです。
重要なのはソフト面でのてこ入れなのです。
ラーメン店でも器がいくらキレイでも、それだけではお客様を
呼びこむことはできません。
中身(味)が勝負なのです。

 競争相手となる大型店では、マーケティング等の専属スタッフが
販促などの経営戦略をたてます。
また、広告に関しても広告代理店がサポートします。
おまけにコンサルタントが付いていることもあります。

 万全の体制で臨んでくるライバルに、対抗しなければならないのです。
商店街内の全てのお店が協力して、お客様を呼び戻す努力をしなければ
なりません。


商店街で統一したイメージづくり

 一般的に買い物には2種類あります。最低限必要な衣食住の買い物と
趣味・嗜好性の強い、絶対必要とは言えない買い物です。
最低限必要な買い物においても、現在は自分のライフスタイルを
重視します。
お客様のライフスタイルに沿った品揃えを考えなければ、リピーターには
なってもらえないのです。

 商店街全体で対象とする、ライフスタイルを決めるのも良いでしょう。
商店街で統一した街づくり・店作りを目指していくべきです。
これらの街づくりは、一時的なものでなく、継続して行わなければ
なりません。
地域密着型の商店街では、イベントなどを通して、住民も巻き込んだ
街づくりを目指すのが良いでしょう。


商店街の活性化には
ハード面よりも
ソフト面の充実を
商店街全体で実行することです。

========================
自社のPRです。
A046.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1706-3e8e5667
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad