あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

買いたい商品が少ない

=================================
マーケティングを科学だと考え、データ(情報)を集めて仮説を
立てようとします。
しかし、ビジネス(マーケティング)は科学ではありません。
答は1つではないのです。
いくらデータ(情報)を集めても絶対的な答にたどり着くことは
できません。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2017_0904.jpg

本当にモノが売れなくなったのか

 小売店の多くの経営者は、今なお不況が続いていると感じています。
しかし、経済指標的にはそれ程悪くありません。
ただ、以前のように経済成長率が、大きく改善するということがない為
一部の勝ち組が、利益を独占してしまっているのが現状でしょう。

 たしかに消費低迷が、続いているという感じがします。
しかし、消費も経済指標同様、最悪は脱しています。
不況だ、消費低迷だと言っても、必要最低限の消費すら抑えている
と言うほどでもありません。
趣味や嗜好に関係する消費が伸びていない、と言う感じなのでしょう。

 しかし、現在のお客様はモノを持ちたい(消費したい)という
物欲が低いようです。
その為、どうしても欲しいモノ以外は、購入しないという傾向にあります。
その証拠に、勝ち組と言われている企業(お店)では、お客様が欲しいと
思う商品を提供しているから、お客様が集まり、商品も売れているのです。


お客様が欲しいと思う商品を売る

 売上げが低迷しているお店とは、お客様が欲しいと思うような
商品を提供していないということです。
現在のお客様は、モノを所有する(消費する)ということに淡白です。
本当に欲しいモノしか購入しません。

 以前であれば、TVCMを流すことで、お客様を動かすことが出来たのです。
しかし、現在のお客様は、大抵の商品は持っています。
現在持っている商品よりも、飛躍的に魅力のある商品でなければ
購入しようとはしません。
少しの変化であれば、現在ある商品を使い続けようとします。

 消費の主導権は、お客様が持っているということです。
以前のように、売りたい商品を並べていてもダメなのです。
お客様はどんな商品を求めているのか、しっかり調査・研究し、
そういった商品を提供するようにしなければなりません。


お客様は
買いたいと思う商品以外は
購入しないものです。
お客様の買いたい商品を
提供しなければなりません。

========================
自社のPRです。
A046.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1708-26967739
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad