あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

ネット販売ではワン・トゥ・ワン対応

=================================
商品の売り方を考える場合、どうしても製作者や販売者の立場に
たってしまいがちです。
これでは、単なる売り込みです。ひどい場合は押売りになってしまいます。
ここは、商品の立場になって考え見てはどうでしょうか。
そうすれば、本当にアピールすべきポイントが見えてきます。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2017_0908.jpg

顧客データ収集から個別対応へ

 現在のマーケティング手法での主流は、ワン・トゥ・ワンであると
言えます。
お客様と絆を結び、それを管理することが重要だと考えられています。
お客様との関係を、お客様に最も喜ばれる状態にし、なおかつ企業
としても収益を上げるように工夫することなのです。

 お客様との関係を管理するためには、まず顧客データの収集が
必要です。
しかし、顧客データは収集が目的なのではなく、それをいかに活用
するかが大事です。
顧客データは決して、DMを出すための住所録ではありません。
顧客データから、お客様の好みや要望・欲求を探り、お客様に沿った
マーケティング(接客)を構築する必要があります。


ワン・トゥ・ワン対応が進んだネット販売

 こういった、お客様個別に対応するマーケティングとしては、
ネットは非常に進んでいると言えます。
アマゾン等のネット販売サイトを閲覧すれば気付くことですが、
あなたが閲覧した商品に関連した商品を、おすすめ商品として
見せてくれます。

 また、追随型の広告で、お客様が他のサイト訪問していても
バナー広告として、お客様に沿ったおすすめ商品を見せるように
しています。

 お客様が関心を持っている商品を絞り込んで、的確に情報提供
してくるのです。
お客様個人に対するアプローチ(マーケティング)だと言えます。

 ネット販売が急速に伸びたのは、確かに安さや手軽さだと言えますが、
それ以上に、お客様個別のマーケティングが功を奏していると
言えるのではないでしょうか。

 ネット上では、ここまでお客様に対して、個別に対応するということが
行われいるのです。お客様と関係性を深めることが得意であるはずの
リアル店舗でワン・トゥ・ワンの対応が遅れているというのが現状です。


ネット販売では、お客様との
ワン・トゥ・ワン対応が
進んでいます。
リアル店舗では完全に出遅れています。

========================
自社のPRです。
A046.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1714-379ae8ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad