あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

感情を重視するワン・トゥ・ワン・マーケティング

=================================
人の運とは、総量は同じ位だと思います。
人により差が生まれるのは、運の使い方の差なのです。
運のない人とは、つまらない所で運を使っているのです。
運がない、ツキがないと言う時は、次には大きな幸運がもたらされる
と考えることです。
次の幸運に向かって、運をしっかり貯めておくことです。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2017_0926.jpg

感情に訴えかけるマーケティング

 ワン・トゥ・ワン・マーケティングとは、合理性と同時に感情的
でもあります。
従来のマーケティングは、合理的ではあっても、感情面はあまり
考慮しなかったと言えます。

 ワン・トゥ・ワン・マーケティングでは、コミュニケーションを
通じて何かを伝えるだけでは終わりません。
お客様との関係を維持するために、どのような行動でお客様に
本物の気遣いを示すかが重要なのです。

 これは、お客様一律のサービス提供では決して成しえないことです。
お客様に満足していただけることとは、いったい何か?
競合店と差別化するために、どのような価値をお客様に提供できるか
常に考え、実践することがワン・トゥ・ワン・マーケティング
なのです。
何かを売りつけようと接客するのとは大違いです。
もちろん、ポイントをつけたり、追加割引をすることとも違うのです。


高齢者に新しい価値観が生まれる

 お客様の好み・欲求を探る時に、念頭に置いておかなければならない
点は、刻々と高齢化社会が進んでいるということです。
数秒毎に高齢者が増えているということを認識することです。
たしかに、人は1年毎に年を取るものですが、社会全体で見れば、
高齢化の速度は恐ろしく速いものです。

 数年でお客様の多くは、高齢者の域に達すると言うのが現状です。
高齢者への対応は早急に考え・実行すべきです。
しかし、現在の高齢者は非常に元気であり、活動的です。
頻繁に旅行にも行きますし、車にも乗って移動します。
しかも、その車もアウトドア志向などと言う例も多いものです。

 現在の高齢者は、過去の老人と言うイメージとは全然違うのです。
従来とは全く違う価値観が生まれてくると考えておくべきです。
老いてなおよい暮らし(楽しい暮らし)を求める世代だと言えます。


ワン・トゥ・ワン・マーケティングは
お客様の感情を重視します。
女性・高齢者等
お客様に合わせた対応を工夫します。

========================
自社のPRです。
A046.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1730-c9ea7d86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad