あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

高齢者に対する誤り

=================================
勝負事に強い人とは、運を長期的に高配分で使うことを知っている人です。
多くの人は、目の前の勝負だけに運を使い果たしてしまう為、
最終的には、運が残っていない為、負けてしまうのです。
人生は長丁場です。運の配分を間違わないことです。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2017_0927.jpg

既成概念の誤り

 多くの企業や小売店が、高齢者に対して抱いているイメージの
誤りを考えてみましょう。

誤り その1
 現在の高齢者は、親の世代の高齢者と同じ嗜好である。
これは、大きな間違いです。
現在の高齢者は情報化社会で育ったのです。音楽もニューミュージック
等というポップスを聞いていたのです。親の世代と同じ感覚である
はずがありません。

誤り その2
 高齢者は均一である、同じような好み(嗜好)になる。
これも、大きな間違いです。
会社などという制約から離れるため、むしろどんどん個性化が進んで
いくと考える方が正しいのです。

誤り その3
 高齢者はブランドやお店をあまり変更しない。
これも、間違いです。
情報化社会で育った現在の高齢者は、すぐに使える(便利な)
サービスや商品に切り替えるケースが多いのです。

誤り その4
 高齢者は行動に一貫性があり、予測可能である。
これも、大きな間違いであり、勘違いです。
現在の高齢者は非常に元気です。これから第二の人生だと自分の
ライフスタイルを見つけ出し、新たにスタートを切る人も多いものです。
高齢者の行動はむしろ揺れ動くと考えるべきです。

誤り その5
 高齢者は頑固で変化を拒む。
これも、間違いです。
現在の高齢者はむしろ、変化を望みます。
現在の高齢者は、最も自由であるのです。新しい情報で行動するのです。
高齢者へこそ、新しい情報をどんどん提供すべきなのです。

誤り その6
 高齢者には、過去のマーケティングが有効である。
これも、大間違いです。
高齢者こそ、今まで多くのマーケティング戦略を経験してきているのです。
もはや、従来のように企業の思うとおりには動いてくれません。
彼らは、信頼できる企業(お店)を求めているのです。

思いつくままに、高齢者に対する誤りを列挙してきましたが、
これを見てわかるように、これからの高齢者は新しい価値観を
創造していく存在なのです。


これからの高齢者は
新しい価値観を持った
存在になります。
既成概念は捨て去りましょう。

========================
自社のPRです。
A045.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1731-737ec0e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad