あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

メールは最強のツールである

=================================
常に行動的で積極的に仕事をしている人がいます。
「よく続くなぁー」と考えがちですが、しかし当人は頑張っているという
気は少しもないでしょう。本人にとっては、積極的に動いている方が
ラクなのです。
物理に「慣性の法則」というものがあります。動いているものは、
動き続けるのです。止めるにはエネルギーが必要です。
=================================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2017_1003.jpg

ワン・トゥ・ワンに最適なメール

 ワン・トゥ・ワン・マーケティングにおいては、個別対応のできる
DMはツールとして非常に有効です。
チラシ等では、一律の対応しかできません。
しかし、DMは経費がかかるツールであることも事実です。

 しかし、メールの出現により、これは解消されたと言えます。
メールであれば、お客様個別に対応することも、数人のグループに
対して送付することも可能です。
もちろん、全お客様に送付することも可能です。

 しかも、原本は1通書けば、送付する人数に制限はありません。
これが、DMであれば、印刷となり、最低枚数に制限はあります。
もちろん、経費を無視すれば、1枚でも可能ですが、経費を贅沢に
使う余裕などないはずです。

 逆に経費節約と手書きにすれば、その手間は大変なことになります。
しかし、メールであれば簡単です。複数パターン作成することも
さほど苦にならないはずです。
しかも、基本的に送付料金はかからないか、わずかで済みます。


失敗するメール販促とは

 販促にメールを利用してお店は多いのですが、成功している例は
ほとんどありません。
それは、従来の「売らんかなDM」と同じような内容のメールを
送付しているからです。

「売らんかなDM」は嫌われます。お客様が受取るメールには、
個人的・業務的に重要なものも多いのです。
その中に「売らんかなDM」が入り込んでは、お客様との絆は簡単に
壊れてしまいます。
これでは、逆効果でしかありません。

 メール販促を成功に導くには、ワン・トゥ・ワン・マーケティングの
手法が不可欠なのです。
お客様の欲しい情報を的確なタイミングで送付する必要があるのです。


メールは
ワン・トゥ・ワン・マーケティングに
最適なツールですが、
使い方を間違えれば
お客様との関係を壊しかねません。

========================
自社のPRです。
A045.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1737-7e30b11b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad