あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

お客様にとってのネット販売とは

============================
「運が悪い」と言っている人は、自分の努力不足を
運のせいにしている場合が多いものです。
「運がいい」と言ってしまえば、成功するまで
努力しなければなりません。
運の神様がどちらの味方をするか、明らかでしょう。
============================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2017_1009.jpg

ワン・トゥ・ワン・マーケティングの
進んだネット販売


リアル店舗にとっての、ネット販売の脅威については
以前にもお話しましたが、ネット販売では、ワン・トゥ・
ワン・マーケティングが進んでいると思われます。

 アマゾン等を訪問すれば、それは実感できます。
ある商品を閲覧すれば、その商品の詳細な説明が表示
されるのは当然ですが、おすすめ商品や、他のお客様は
こんな商品も買っています、という商品を表示して
くれます。実際の購入者のコメントも表示されます。

 これこそ、あなたにカスタマイズされた、あなたに
向けた接客だと言えます。
しかも、これは瞬時に行われます。
リアル店舗のような接客での会話もなく、
表示されるのです。
これは非常に脅威だと思います。


ネットとリアルを使い分ける

 ただ、リアル店舗がなくなるということはないでしょう。
現に、アメリカでは、アマゾンもリアル店舗の展開を
始めています。
もちろん、従来の店舗とはかなり違いますが、直接商品を
手に取り、購入すると言う店舗形態には違いありません。

 車社会であり、買い物も車で行かなければならないと
いうアメリカと違い、日本では、近くに結構色んなお店が
あり、来店することはそれほど面倒でもありません。
その為、ネット販売の有利性はアメリカ程ではないと言えます。

 日本では、ネット販売だけで買い物を済ませている、
というお客様は、非常に少ないものです。
現在のお客様は、ネットとリアル店舗を上手く使い分けて
いると言えます。

 ネットで商品や値段を調べて、リアル店舗で購入する。
また、逆にリアル店舗で商品を確認してネットで購入
するという風に、両方をうまく使い分けています。


現在のお客様は
ネットとリアル店舗を
使い分けています。
それを認め、活用することです。

========================
自社のPRです。
A045.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1743-6abdf1d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad