あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

お客様情報は全店員に開示する

============================
問題にぶつかった場合、まず最初にしなければならない
ことは、その問題は、考えれば解決できるものか、
解決できないものか決めることです。
多くの場合、考えてもどうにもならない問題なのに、
一生懸命考えている場合がありますが、それは考えている
のでなく、悩んでいるだけです。
============================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2017_1011.jpg

お客様情報をいじりすぎるな

 ワン・トゥ・ワン・マーケティングだけでなく、
お客様データを利用するのは、直接接客する店員です。
ところが、大手の企業(お店)では、お客様データは
マーケティング部等が管理し、処理します。

 そして、処理されたお客様データは、直接、経営陣に
届けられるのです。
マーケティング部と経営陣とで、やり取りされた結果が
店員に渡されるのです。

 こういったお客様情報とは、マーケターや経営陣の
考えにより、加工されたものです。
直接お客様と接していない人たちが、どれ程お客様を
理解しているのか疑問です。

 また、マーケターや経営陣はいまだに、お客様を
大衆として捉えようとしています。
その為、公約数的な実体のないお客様像を作り出して
しまう結果になります。


お客様情報を利用するのは各店員です

 そんな、お客様情報など役に立たないことは、現場の
店員はよく知っています。
なぜ、お客様情報の処理に現場の店員を参加させない
のでしょうか。

 へたに、貴重なお客様データを加工するのであれば、
そのまま、店員に渡したほうがましです。
お客様データをどう利用するかは、店員の方がよく
知っています。

 お客様データから、情報をつかみ出すのは重要な
作業です。
しかし、共通項を見つけ出し、大きな塊のデータに
加工することは、すべきではありません。
お客様個人の情報、もしくは似た少人数のグループに
まとめる程度にし、全店員に情報開示することです。


お客様情報は
加工しすぎないことです。
お客様情報を
どう利用するかは
店員にまかせましょう。

========================
自社のPRです。
A045.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こずかい稼ぎ程度の商売があったら記事にしてください。月2~3万だったら満足、5万稼げたら大満足。肉体仕事は致しません。肉体使うのは手先だけ。頭脳もあまりつかいたくありません。よろしくお願いいたします。多分ないでしょう。

  • 2017/10/11(水) 08:13:38 |
  • URL |
  • senri32 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1745-9137a900
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad