FC2ブログ

あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

儲からない会社の間違い1

============================
「教えてもらっていないからできません」という人がいます。
たしかに、会社独自のやり方がある場合は、教えて
もらわなければできません。
しかし、仕事の多くは自分で考え、工夫しながらやるものです。
自分で考え、工夫することが仕事の楽しみです。
============================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2017_1026.jpg

 もう少し、儲からない会社の間違いの実例を
考えて見ましょう。
特にもっとも大事な値決めに関することとして、
見積書作成に関して考えて見ます。
これらは、反面教師としてしっかり理解しておくことです。


1 取引先からの指値から逆算して値決めする

 見積書を提出する場合の多くは、ライバル会社との
相見積もりです。
しかも、このライバル会社に中国製品が混ざってくれば
値決めは非常に厳しいものになります。

 また、最初から「○○円以下で」などと指値される
ケースもあります。
この指値以下でなければ、見積もりさえ出せないのです。

 しかし、世の中にはもっと厳しい指値方式があります。
「原価明細指示指値」と呼ばれるものです。
ただし、この方式は公的には示されません。
法的にもかなり、きわどく、場合によっては下請けいじめ
とみなされる可能性もあります。

「原価明細指示指値」とは、原材料の価格から、加工の
時間まで細かく指示してくるものであり、下請け側から
すれば、丸裸にされ利益を取る場所がないのですが、
これに近いことは大企業でもやってくるものです。

 ここで、儲かっていない会社では、計算式を何度も
修正して、取引先の指値に合わそうとするのです。
これでは、自社の現状は考慮されていません。
ただ、数字を合わせただけなのです。

 結果、もっと安く材料を仕入れろとか、作業効率を
上げろとか、現実離れした要求を現場に指示するのです。
結果、赤字の累積になるわけです。


儲かっていない会社では
指値からの逆算で
原価計算し値決めをした
見積もりを提出している

========================
自社のPRです。
A046.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1760-28aba1db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)