FC2ブログ

あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

儲からない会社の間違い2

============================
0.1秒とは、ほんの一瞬だという感じですが、100m走の場合、
トップランナーであれば、0.1秒差は1mの差です。
1mの差は見た目でもはっきりわかります。
0.1秒はたしかに一瞬ですが、なにかを実行しているときは
0.1秒でも差がつくものです。
============================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2017_1027.jpg

2 相手から指定された書式をそのまま使う

 これは大企業で多いようですが、相手から見積書の
書式を渡され、そこに必要事項(数字)を記入するよう
指示されるという見積書提出形式があります。

 この形式ですと、前回お話した「原価明細指示指値」
と同じようなモノで、こちらの状況は丸裸にされます。
といっても別の書式で提出することは難しいでしょう。

 そこで対抗策ですが、まず自社独自の詳細な
原価計算書を作成します。これは利益を生むためには
絶対必要です。
それとは、別に相手に提出する見積書は適当に数字合わせ
をしておけば良いのです。

 取引先が書式を指定してくるのは、値引き交渉の際
自分が理解できる項目に分かれている方が、やりやすい
からです。
そこを理解し、突っ込まれないように操作するのは、
営業マンのテクニックだと言えます。

 取引先の担当者とは、人事異動の関係上、技術的な
面では90%は素人です。さすがに交渉に関しては
プロレベルの人が多いものですが、技術的な話に
なれば、全く理解できないものです。
そんな相手に、こちらの状況をわざわざさらすことは
ありません。

 書式を指定された場合は、いかに相手が納得する
ような創作ができるかなのです。
自社の原価計算は表に出す必要はありません。


儲からない会社では
指定の書式だからと
まじめに自社の状況を
さらしてしまいます。

========================
自社のPRです。
A045.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1761-c5f4e1d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)