FC2ブログ

あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

発信者を広げることで口コミは飛び出す

============================
ヒマな時こそ、店員の態度には注意が必要です。
来店されたお客様が、接客もされずに無視されている。
そこへ、店員の私語や笑い声が聞こえてくるなど、
最悪の状態です。
お客様はサッサとお店を出て行かれるでしょう。
============================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2017_1222.jpg

お客様以外に発信者を求める

 口コミの発信者として、最適なのはあなたの会社(お店)
のお客様の中から選ぶことですが、口コミをよく発信している
のは、お客様の中でも5%程度だと言われています。
なおかつ、口コミで話題にしたい商品に対して思い入れの
あるお客様となると、非常に限られてきます。
口コミ発信者を、お客様の中からだけにしていては、
やはり、数が不足するでしょう。

 また、地域や世代等を広げたいのであれば、
口コミ発信者を、外部から見つけ出さなければなりません。
外部の人とは、ブログ発信者や世代を代表するような人達
(業種によっては女子高生等)から見つけ出さねば
なりません。

 その方法としては、無料体験モニターとして人を
集め、その中から最適な人を選び出すのです。
この場合、報酬等で強制するようなことは避けるべきです。
報酬で縛り付けては、売り込みと同じになってしまいます。
口コミ発信者と企業(お店)の共創体制が必要です。
お互いにその商品を広めたい、という気持ちがなければ
なりません。

 この場合でも、対象にあった口コミフレーズを
共に考えるようにします。
発信者にまかせてしまうと、会社(お店)の意図とは
違う方向に口コミが、広まってしまう恐れもありますので
そこは、しっかり話し合い調整するようにしましょう。


権威者(その道のプロ)への働きかけ

 そして、もう一つの発信者として、権威者(その道のプロ)
に発信してもらうことも有効です。
この場合でも、サンプルを送るなどして、意見を聞くようにし、
情報を発信してもらえるように働きかけることです。

 ただし、相手が専門家の場合は、素人とは違った
切り口で商品を捉えることもあります。
素人の発信者のように、話し合って口コミフレーズを
決めるというやり方はしない方が良いでしょう。

 権威者に対しての働きかけは、時間も手間もかかります。
長期的ブランド戦略として捉え、じっくり取り組みましょう。
また、権威者の場合は、感性よりも論理的な展開になります
ので、どちらかと言えば、男性向けの商品の方が良いかも
しれません。


お客様以外にも
口コミ発信者を求めることで
口コミの輪を広げる
ことができます。

========================
自社のPRです。
A045.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1817-3263ac4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)