FC2ブログ

あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

マーケティングにおけるロイヤリティー1

============================
お客様を名前で呼ぶ場合は、出来る限りフルネームで
呼ぶようにしましょう。
フルネームで呼ぶことで、お客様個人に対応している
と言う態度を表します。
確かに、同姓の人はそう多くいないでしょうが、
お客様にすれば、ひとくくりに捉えられているように
感じるものです。
============================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2017_1223.jpg

モノ余りと差別化商品

 マーケティングにおいて、ロイヤリティーが重視される
ようになったのは、そう古い話ではないでしょう。
ロイヤリティーとは、お客様の商品に対する忠誠心と
考えていいでしょう。
なぜ、ロイヤリティーが重視されるようになったの
でしょうか。

 従来の販促(広告)活動とは、まず売りたい商品が
存在し、それをどう売り込むかで展開されました。
また、モノ不足の時代では、マーケティングの主体は
商品の存在を知らせることでした。
ですから、広告はマス広告が中心だったのです。

 ところが、デフレになり、モノ余りの時代になると
商品の存在を知ってもらうだけでは、売れなくなりました。
また、デフレである為、商品の価格はどんどん下ることに
なり、企業も安い商品(画一的な商品)を売るように
なりました。
結果、どの商品も同じようなものになりました。


差別化とロイヤリティー

 しかし、こういった状態もすぐに行き詰まりました。
安くしても売れなくなったのです。
企業はあわてて、付加価値をつけ、自社の製品を選んで
もらおうとしたのです。

 ここで始めて、ロイヤリティーという考え方が、
取り入れられるようになります。
付加価値を付けた商品は、差別化商品に変化していきます。
差別化商品とは、共感してくださるお客様の存在が
大事なのです。それがロイヤリティーなのです。

 ロイヤリティーとは、該当商品に忠誠心を持っている
ということであり、他社製品に浮気しないということです。
ロイヤリティーの高いお客様が、多く存在することが
差別化商品では不可欠なのです。


差別化商品においては
ロイヤリティーの高い
お客様を多く掴むことが
不可欠です。

========================
自社のPRです。
A046.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1818-d1b0f0e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)