FC2ブログ

あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

感動と口コミ

============================
パンフレットやサンプルを送ってほしい、という請求が
きた場合、該当するモノだけを送ったのではサービスに
なりません。
お客様の求めているモノを想像し、関連商品や
類似商品のパンフレットも送るべきです。
その為には、依頼を受ける時に一言二言話を
しなければなりません。
言われたことをやるだけではサービスになりません。
============================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2017_1231.jpg

多くの人が口コミを発信している

 商品を他人に推奨したことがあるか、という問いに
対して「ある」と答えた人は50%を越えています。
頻度を別にすると、多くの人が他人に商品を推奨
しているようです。
自分の気に入った商品は、他人に教えたいという
気持ちになるようです。

 商品を推奨する手段(媒体)としては、ブログを
始めとする、インターネットやメールが多いように
感じますが、これは話題になりやすいという意味では
大きな力になりえますが、殆どの人は、直接会った
時の話題として、商品の推奨をしているようです。

 また、商品を推奨する相手としては、知人・友人が
最も多いようです。
これは、通常の会話の中で話題にするという、
上記の手段(媒体)の傾向からも想像できます。


感動は他人に話したい

 口コミは、感動によって生まれるものです。
人は、感動したモノ(経験)は他人に話したい
ものです。
そして、それは直接会った相手の方が、感動を伝えた
時の反応がわかる分、話し手も満足するのです。

 商品を推奨するということは、その商品に対して
感動したことを意味しています。
感動を伝えるのは、知人や友人に対して、
直接会った時に話すということになります。

 このように、口コミを起こす条件とは、
お客様に感動を与えることなのです。
直接会って商品を推奨するケースが、一番多いの
ですが、そこに感動があれば、ブログでもメールでも
伝わるものです。
それが、起爆剤となり、口コミの輪が広がることが
期待できます。


口コミには
感動が必要です。
感動は他人に
話したいものです。


本年最後の記事更新になります。
一年間ありがとうございました。
========================
自社のPRです。
A046.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1826-35742101
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)