FC2ブログ

あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人(お客様)の三大心理 2

============================
思い通りに行った人が、夢を実現した人ではありません。
気持ちの切替が早い人が、夢を実現しているのです。
何度失敗しても、すぐに軌道修正して再チャレンジ
しているから、成功しているのです。
夢を実現するには、悩んでいる時間すら無駄にできません。
============================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2018_0324.jpg

 今回は前回の続きです。


2 人の意見・考えは曖昧なもの

 人とは、物事に対して、常に理詰めで考えて
いるわけではありません。
むしろ、殆ど場合は曖昧に、直感的に考えている
ものです。

 全ての事柄を理論づけて、考えていたのでは
疲れますし、時間が足らなくなるでしょう。
これは、接客時でもあります。

 お客様が「この色はちょっとね」等とよく
言いますが、何が、どう気に入らないのか
はっきり認識しているわけではありません。

 店員はプロですので、服飾などの場合、
コーディネートを考えて適切な色を選んでも
お客様は、直感的に好き嫌いを言うわけです。

 そこには、たいした根拠があるわけではありません。
それが、単にお客様の好みなのか、実際使用した時の
イメージが浮かばないだけなのか、しっかり把握して
接客しなければ、後で、店員の言うとおりにしたのに
センスが悪いと言われた、等と苦情を聞くことになります。


3 人は否定的に物事を考えやすい

 営業でも、接客でも、あなたが商品を勧めた場合
お客様の第一声は「高いですね」「色がいまいちだな」
「デザインが悪いね」等と、否定的な意見ばかりです。
「いいね、気に入った」等と言われるのは、例外だと
考えていいでしょう。

 また、最初に肯定的な意見が出た場合は、真剣に
捉えていないと考えてもいいでしょう。
否定的な意見が出るということは、前向きに考えて
いるからこそ、不満点が出てくるのだと考えるべきです。


お客様は最初は
否定するものです。
前向きに考えているから
否定から入るのだと言えます。

========================
自社のPRです。
A045.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1908-94cc4a57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。