あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

似た人には心を開く

============================
メールの返事をすぐに返信するのと同じように、
何かをしてもらったりした場合にも、すぐにお礼状を
出すようにしましょう。
お礼状だから、相手に失礼にならないよう、
きちんとした文章で、キレイな字で書こう等と
考えていると返事が遅れがちになりますが、
日にちがたつと相手も忘れてしまい嬉しさも
半減してしまいます。
============================
それでは、今回もよろしくお願いします。
2018_0331.jpg

お客様に合わせる(似せる)

 人とは自分と似た人を好きになる、という傾向が
あります。
友達を想像してみて欲しいのですが、似ている
所が、結構あるものです。

 出身地、学校、趣味等、好きになる理由とは
言えないような点であっても、共通点があることで、
人は気を許すものなのです。
これは、営業(接客)では、重要なことです。
ですから、営業(接客)では、お客様に似せる、
合わせる事が重要なのです。

 お客様と合わせる、歩調(ペース)を合わせることを
ペーシングと言います。
ペーシングでは3つの手法があります。


ペーシングの3つの手法

1 ミラーリング
 ミラー(鏡)ということで、相手のマネ、主に動作を
マネることです。
気があう2人では、動作が一致する場合が多いのです。
気があうから、動作が一致するわけですが、逆に
動作を合わせることで、気が合ってくることもあるのです。

2 チューニング
 ミラーリングが、主に動作を重視するのに比べ、
チューニングでは、感情(心の動き)を合わせる
ことを言います。
怒り、悲しみに周波数を合わせるようにすることです。
もちろん、合わせるといっても、お客様と同じレベルに
合わせていては、営業(接客)になりません。
お客様の気持ちを100とすれば、60程度に押さえておく
必要はあります。
あくまでも、冷静さを残し、お客様に合わせることです。

3 マッチング
 動作・感情を合わせることとともに、話し方を
合わせることも効果的です。
まず、話す速度を合わせることです。
次に、声の大小、高低、口調、言葉等を合わせて
いきます。


ペーシングの3つの
手法を活かし
お客様と共通点を作る

========================
自社のPRです。
A046.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1915-8f30b8a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。