FC2ブログ

あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見えない競合者(競争相手)も考慮する

============================
物事を始める場合、勉強などの準備をしっかりしてから
実行するのが良いと考えがちですが、それでは間に合いません。
準備を整えている間に、ライバル達はどんどん先に進んで
しまっています。
追いつくまでは成果も伴わないので、挫折するだけです。
やりながら、準備をするようにしなければ出遅れます。
============================
2018_0407.jpg

見えない競合店とは

 よく「現在こういったビジネスを展開している企業は
ないのでうまくいく」と聞くことがあります。

 確かに、全く同じビジネスモデルはないかもしれませんが、
競合者とは、必ずいるものです。

 目に見えるタイプの競合者は、すぐわかるのですが、
目に見えないタイプの競合者も、いるということを
考えておかなければなりません。

 そこで、競合者と考えるべき相手とは、
という点について考えてみます。

 競合者と見なすべきタイプとしては、5つのタイプが
考えられます。


5つのタイプの競合

1 目に見えるタイプ
  類似のビジネスを行なっているケースです。
  同業者というのもこれに当たります。

2 代替えサービスを実行している
  ビジネス的には類似していないが、お客様に
  とっては、代替えできるケースです。

  居酒屋を例に取ると、お客様にとっては居酒屋
  でなくても、他の外食店でも代替えできるかも
  しれません。

  持ち帰って自宅での飲食となると、持ち帰り店や
  スーパーの惣菜でも良いと考えられます。

  ビジネスモデルによっては、どんどん競合店は
  広がっていくと言えます。

3 仕入先
4 提供先

  商品の仕入先や提供先の企業も、同じビジネスモデルに
  乗り出してくるかもわかりません。

  また、知りあいに情報を提供する場合も考えられます。
  ビジネスを始めれば、すぐに競合店が現れると
  考えておくべきです。

5 他の業界からの参入
  収益性が高ければ、同業だけでなく、他業種からも
  すぐに参入
してくるものです。

 先行者メリットというものは、いつまでも続くもの
ではありません


 動き(変化)の激しい現在では、あっという間に競合者が
現れると考えておく必要があります。


目に見えない
競合にも気を配っておく
必要があります。

========================
自社のPRです。
A045.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1924-67a1f47f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。