FC2ブログ

あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お客様に対しては反論よりまず同意する

============================
仕事でも、自分の得意なものや、好きなものをやりたい
と言う人がいます。
通常の仕事では、そんなものはまず来ません。
プロの仕事人とは、なんでもチャレンジするのです。
そうやって、自分の得意なものを見つけ出し、一流に
なっていきます。
============================
2018_0408.jpg

反論より同意

 お客様から「この商品少し高いね」等と言われることが
多いと思います。

 値引き要求なのでしょうが、すぐに反論しては、
お客様の感情を害し、後の交渉が進まなくなります


 まずは、同意することです。

 「たしかに他の商品より、1割程度高いですね」と
お客様の主張を認めることです。

 その後で、その理由をしっかり説明します。

 反論して、お互いの意見を言い合うのでなく、
長所・短所を認め、交渉することがお客様との
関係を保つ
上では重要なのです。

 商売とは、こちらの意見を認めさせることでは
ありません。

 お互いが納得するように、交渉(説明)すること
なのですから、お客様とぶつかるようなことは
避けるべきです。

 これは、価格だけでなく、デザインや機能などに
関しても同じです。

 なぜ、このデザインなのかということを、
説明するために
まず、お客様の意見を受け入れるのです。


お客様の本心を聞き出せ

 お客様とは、なかなか本心を明らかにしないものです。
「価格が高いな」と思っていても、「色が気に入らないな」
と本心とは、違う理由を言うことも多いものです。

 この場合、いくら色について説明しても、お客様を
納得させることはできません。

 本当の理由は違うんですから、当然と言えます。

 お客様の本心を探る質問として「もしも〜なら」と
問いかける
のがいいでしょう。

「色が気に入らない」というのであれば、
希望の色を聞きだし、

「もしも○色があれば、お買い上げ頂けますか」
と質問するのです。

 それで、購入してくださるならOKですし、
購入を渋る場合は、本当の理由は他にあるという
ことがわかりますので、本心を聞き出すことに
質問を変えるようにします。

 たとえば「他になにか問題点でもありますか」
質問してみることで、お客様の本心が聞き出せる
場合が多いでしょう。


お客様へは反論より
まず同意して
交渉へ導くことが
重要です。

========================
自社のPRです。
A046.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1925-b146df29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。