FC2ブログ

あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

お店側の意見でなく、第三者の意見とする

============================
用意周到に準備して、物事を始めた場合、
準備したものがいらなくても、
なかなか捨てられなくて、それを使おうとして、
余計仕事を増やしてしまうことがあります。
準備しながらですと、準備内容をどんどん
変更していけますので、結局ムダが少なくてすみます
============================
2018_0409.jpg


第三者の意見は受け入れやすい

 お客様からの意見に対して、反論でなく同意で
受け止めた後、その説明に入るわけですが

 最近のお客様は販売員(店員)を信用していません

 信用していない人からの意見など、まともに聞いて
くれません。

 そこで、第三者の意見という形で説明するのも
良いでしょう。

 個人名を出すのは、まずいかもわかりませんので、
「そうなんですよ、先程(先日)のお客様も
最初はそう言われてたのですが、最近では
これでなければと大得意様になっていただいています。
というのも、○○○○」

 と第三者の意見として説明していきますと、
信用度が高くなるものです。

 また、私の意見ではなく、第三者の意見ですよ
とすることで、言いづらいことも言えるという
メリットもあります。


お客様の「NO」の本質を探る

 お客様のパターンとして、もう少し考えたいから
とりあえず「NO」といっている場合と、本当に
全く買う気のない「NO」とがあります。

 これを取り違えますと、無駄な接客(営業トーク)
により、時間を取られることになりかねません。

 お客様からの反論「NO」の性質を見極める
必要があります。

 お客様からの反論が、誤解等のいわれなき場合や
お客様の知識不足の場合などは、しっかり説明する
必要があります。

 また、前回お話したように、お客様の本心が
違う所にあると感じた場合は、本心を探るようにします。

 しかし、本当に予算がない、必要がないとわかった
場合は、営業トークを続けずに誠実に対処しましょう。

 ただし、お客様を突き放してしまう様な対応は
すべきではありません


 お客様との関係は継続するように努めます


お客様は営業トークを
信用していません。
第三者の意見として
説明することも良い。

========================
自社のPRです。
A045.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1926-b4e18cdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)