FC2ブログ

あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

反論に答えるタイミングとは

============================
用意周到に準備することの欠点はまだあります。
そもそも準備に時間がかかりすぎることです。
準備よりも、1つでも多くの本番を踏んだ方が
身になります。
練習ばかりで、試合に出なければ強くなれません。
============================
2018_0410.jpg

どのタイミングで反論(説明)するか

 お客様の意見に対しては、まず同意するのですが、
その後、反論(説明)にいつ入るかは難しい所です。

 タイミングとしては、次の4つが考えられます。

1 事前に話しておく
 お客様が反論(NO)を言う前に、先行して説明
 しておくのが、一番カンタンです。

 お客様の考えることは、似通っていますので
 お客様の意見もある程度想像できますから
 事前に準備しておくことも難しくないでしょう。

 ただし、事前に多くの説明をしようとすれば
 お客様は逃げ腰になり、こちらの説明を聞いていない
 ということにもなりかねませんから、
 程々が大事です。

2 意見の直後に
 お客様が意見(反論)言ってから、答えていくというのが
 一般的な対応でしょう。

 この場合は、以前お話したようにお客様の意見に同意
 してから
、説明するようにしましょう。

3 後日答える
 データや資料が必要な場合などは、その場で答えられない
 というケースも多いでしょう。

 訪問営業などの場合は、後日答えを持って再度訪問する
 ということになります。

 訪問営業の場合は、次回の訪問の約束が取れるので
 その場で、日時まで決めてしまうようにしましょう。

 お店などでの接客では、次回というのは難しいので
 ある程度、曖昧でも答えるか、正確な情報が必要な
 場合は、後日お知らせするか判断を仰ぐことに
 なります。
 
4 答えない
 お客様によっては、同じ質問を何度も繰り返す
 場合があります。

 これは、感情的に断っているか、全く買う気がない
 というケースが多いものです。

 説明よりも、お客様の本心を探る方向に切り替えた
 方がよいでしょう。


営業活動において
お客様への反論(説明)は
タイミングが重要です。

========================
自社のPRです。
A046.jpg
興味のある方はクリックしてください。
========================
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/1927-037df801
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)