FC2ブログ

あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

親と子供、両方楽しめるか

今週末からGWなんですよね。
いろいろスケジュールを考えているのですが、
ギリギリになってから、予定が入ってくるんですよ。
でも、クライアントの要望だと断れないですしね。

それでは、今回もよろしくお願いします。
========================
※チラシ又はニュースレター無料作成キャンペーン!
 下記に「チラシ無料作成希望」とメールするだけ
 ⇒ qqgb3h5y9@diary.ocn.ne.jp
 毎月5点(1社1点限り)限定

(チラシ作成が目的ではありません。
 集客の方向性を再検討する無料相談だといえます。
 1・2回の無料相談ではなく、チラシが出来上がる迄
 お付合いします。)
========================
0421.jpg

子供の気を紛らわす

 買い物が一家総出になるということは、以前お話ししましたが
親達が真剣に商品選びをしている間、子供達は非常に邪魔になります。
子供達には全く興味がない、ヒマでしょうがない時間です。
店側としては、そういう子供達をどうするかは大問題です。

 車のディラー等では、キッズコーナー等を設けている店もあります。
小さな店ではそこまでできませんが、1.5~2メートル四方の場所が
確保できるなら、そこに安全なビニール製のおもちゃを置くだけで
充分です。


キッズコーナーでの注意点

 キッズコーナーやキッズスペースを設ける場合、注意することを
列記しておきます。
1 親の目の届くように、障害物のない見通しのよい場所にする
2 安全には十分配慮する
3 できるだけ広くする
4 できれば、年齢別に分ける。
  年齢別にしないと、年上の子供が仕切ってしまい、
  小さな子供が邪魔者扱いされる場合があります。
以上のことを配慮して設置してください。


親と子供を分ける商品棚

 キッズコーナーや、キッズスペースを設置する程でなくても
子供の気を紛らわす必要は、あらゆる店で必要でしょう。
例えば、レンタルビデオ店などでも、親達がビデオを選んでいる間は
子供達はヒマでしょうがないのです。大抵、こういう店では、
ジャンル別に分類・整理されていますから、親達が選ぶコーナーと
子供向けでは全く場所が離れているのです。

 スペースや整理の都合上、近くに設置できないのであれば、
せめて、親達の居る場所の近くで、子供向けのビデオを流す
位はできるのではないでしょうか。
親達と子供達を分けることは、難しいのですから、
いかに両者を満足させるか、気を紛らわすか工夫すべきでしょう。


ティーンエイジの買い物行動

 最後に、もう少し年上のティーンエイジついてお話します。
ティーンエイジ達が、連れ立ってお店を訪れることが
よくあると思います。
店にとっては、購入もしないで迷惑だと感じるかもわかりません。

 ティーンエイジにとっては、これは下見なのです。
友達とわいわいおしゃべりをしながら、商品を選んでいるのです。
そして、選んだ商品は、後日、スポーサー役である両親を伴って
購入するというパターンが多いのです。
事実、ティーンエイジ連れより、両親と一緒の場合の購入率は
2倍以上あることからも分かります。

 ティーンエイジだけのお客様を、迷惑だと考えては、
購入には繋がりません。ティーンエイジだけのお客様にも
きっちりした対応をしましょう。

 ただ、注意すべきは、ターゲットが年上の大人である場合は
あまり、ティーンエイジがたむろするのは考えものです。
子供向けの店と勘違いされ、本来のお客様が敬遠するようになります。
お店のターゲットをしっかり把握し、対応するようにしましょう。

親と子供は分離できない
両者が楽しめるような
工夫が必要です


========================
※チラシ又はニュースレター無料作成キャンペーン!
 下記に「チラシ無料作成希望」とメールするだけ
 ⇒ qqgb3h5y9@diary.ocn.ne.jp
========================
============================
まぐまぐで発行の「無料メルマガ」を全面見直しました。
ブログで書いている事を、より詳しく説明しています。
ぜひ、申し込んでください。

タイトル「あなたのお店が繁盛店に変身する方法」
■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001627577.html
============================
関連記事
スポンサーサイト



コメント

勉強になります!!

毎日、何気に過ごしていますが、
気が付かない事って沢山有る物なのですね!
とても勉強になります。

毎日、時間を大事にして過ごす事が大事だと感じます。
見る視点を変える事で、多くの見えなかった物が見える
様に思います。
有難う御座います。

  • 2014/04/22(火) 01:02:03 |
  • URL |
  • LDA #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/414-2507ebcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)