FC2ブログ

あなたの店が儲かる繁盛店になる方法

儲かる繁盛店になるための「接客や売れる商品」等、色んな方法を提案していきます。

お客様の負担は明確にしておく

成功する秘訣は、スタート時はゆっくりと始めることです。
ゆっくりと言っても、遅らせることではありません。
速度をゆっくりとし、走り過ぎないことです。
山登りのコツは、最初は普段よりゆっくりと、
一歩一歩踏みしめるように登り始めることだそうです。
最初にスピードを上げすぎると、すぐにバテてしまいます。
最初は、あせらずゆっくり始めましょう。

========================
自社のPRです。
A013.jpg

本年度の販促計画を立てるチャンス
無料メール相談をご利用ください。

詳細は下記ブログ記事をご覧ください。
 無料チラシ作成・無料メール相談に関しては ⇒無料相談のご案内
 メール相談コースや業務内容に関しては ⇒業務内容・価格表
 当社の会社概要全般に関しては ⇒ 会社案内・お問い合わせ

========================
それでは、今回もよろしくお願いします。
0409.jpg

金銭的負担のトラブルは離店に繋がりやすい

 お客様とのトラブル(不満)の中で、金銭に関わることは
離店の原因になりやすいものです。
例えば「送料無料」となっていたが、地域が指定されていた。
「修理(メンテナンス)無料保証」となっていたが、
修理・メンテナンスの手間賃は無料だが、部品代は有料だった。
等々、説明不足がまねくトラブルですが、問題点はそのことを
事前に充分説明していなかったことです。

 これは、店内ではもちろんですが、チラシ等でもはっきり
示しておきましょう。もちろん、念を入れて、接客時にも
説明をしておきましょう。
精算時に急に説明したのでは、トラブルの元です。

 金額的には些細な額であっても、お客様を不愉快にさせたのでは
離店に繋がりかねません。些細な金額であれば、なおさらのことです。
わずかの費用負担でお客様が逃げてしまうという結果は避けたいものです。

 消費税、配送費、修理費、設置費、工事費等、お客様の負担が
発生する可能性のある点に関しては、ハッキリしておくことです。
事前にわかっていれば、お客様も納得して負担して下さるでしょう。


支払の利便性を伝える

 1万円以上の商品を主に扱っているのなら、クレジットカードや
分割払いの事もハッキリさせておくべきでしょう。
1万円以上の場合は、クレジットカードでの支払う人も多いものです。
ところが、老舗などでは、案外カードお断りの場合があります。

 また、カードでの支払を嫌っているのか、チラシ等に載せない
ケースも見られます。
これでは、欲しいと思っても、現金がなければ購入する事が
できないかもと思われます。

 今時、カードの使えない店というのも、不信感のもとです。
チラシにはハッキリ使用可能なカードの種類を明示しましょう。
(カード会社のロゴ一覧を載せるのが良いでしょう)

 高額商品では、分割払いも考慮しなければなりませんが、
「分割払いOK」では不親切です。
回数や1回の支払額の一例等を示すようにしましょう。

 また、ボーナス一括払いや、代引きのような配達時での
現金支払い等、買い物時には現金がなくても商品を
購入できるという利便性を訴えるのもいいでしょう。

 いずれにしろ、購入を決めていない時点で、大量の現金を
持ち歩いている人はそう多くないでしょう。
そういう人達の背中を押すような工夫は必要です。


商売で最も気をつける事は
金銭問題でしょう。
トラブルにもなりますし、
利便性を上げれば、購入に結びつきます。
お客様の負担はハッキリさせておくことです。

========================
自社のPRです。
A014.jpg

詳細は下記ブログ記事をご覧ください。
 無料チラシ作成・無料メール相談に関しては ⇒無料相談のご案内
 メール相談コースや業務内容に関しては ⇒業務内容・価格表
 当社の会社概要全般に関しては ⇒ 会社案内・お問い合わせ
========================
============================
まぐまぐで発行の「無料メルマガ」を全面見直しました。
ブログで書いている事を、より詳しく説明しています。
ぜひ、申し込んでください。

タイトル「あなたのお店が繁盛店に変身する方法」
■登録はこちら http://www.mag2.com/m/0001627577.html
============================
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chsakaue.blog.fc2.com/tb.php/696-e1363813
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)